• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「幻の東京五輪」が繰り返される危険性

 安倍首相へのおべんちゃらなのか、自分が目立つための方便なのか。慶大教授の竹中平蔵氏が、今月発売の月刊誌で「アベノリンピックこそ日本の活路」と書いている。アベノミクスと東京五輪を掛け合わせた造語を使って、バラ色の未来が来るかのように主張しているのだ。

 竹中氏が所長を務める研究所は、「19.4兆円の経済効果がある」と試算しているらしい。「7年で3兆円」とする東京都試算のざっと7倍。整備されるインフラや雇用、消費への効果を過大に評価し、水増ししたようだ。前提となる条件を変え、数字を大きく見せるのは、政府や与党がよくやる手口である。大臣までやった竹中氏なら、鉛筆ナメナメで効果を膨らますことぐらい、お手のものだろう。

 むろん、こんな数字にさしたる意味はない。うのみにする人も少ないだろう。それよりも問題は、「アベノリンピック」なるものが、本当に実現するのかどうかである。アベノミクスの基礎となる「異次元の緩和」で儲かったのは一部の輸出企業だ。中小、零細企業は円安によるコスト増に苦しめられている。雇用の改善も見られない。増えているのは非正規社員ばかりである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  2. 2

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  3. 3

    野田聖子氏周辺に疑惑 仮想通貨「GACKTコイン」接点は?

  4. 4

    乃木坂46白石麻衣 不可解なドタキャン騒動に大ブーイング

  5. 5

    なぜ? 「大阪万博」スポンサーに米国カジノ企業が次々と

  6. 6

    安倍首相を守り栄転 太田理財局長は“論功行賞”で主計局長

  7. 7

    広島追撃にキーマン不在…巨人・坂本は長期離脱の可能性も

  8. 8

    安倍首相を悩ませる 金正恩の「拉致問題」への対応一変

  9. 9

    高校の同級生の三浦友和 清志郎にRC再結成を持ちかける

  10. 10

    ユニクロの狙いは? フェデラーと“10年300億円契約”の意味

もっと見る