突然の辞任劇の真相 みずほ頭取を引きずり降ろした“勢力”

公開日: 更新日:

 みずほ銀行の佐藤康博頭取(61)が23日、突然、辞任を表明した。4月1日付で、代表権のない取締役に退くという。持ち株会社みずほフィナンシャルグループの社長は続投する。後任頭取には、旧富士銀行出身の林信秀副頭取(56)を指名した。

 昨年、暴力団融資問題が浮上してから、一貫して「辞めるつもりはない」と主張してきたのに、一体何があったのか。

「昨年暮れあたりから様子が変わってきました。周囲に『もう辞めたい』と漏らしはじめたといいます。理由のひとつは、佐藤社長を評価している金融庁の畑中長官が今年夏にも退官するとみられるためです。後ろ盾を失っては周囲の批判をかわせないと判断したのでしょう。もうひとつは、行内の派閥抗争を有利に進める目的だったといわれます」(金融関係者)

 みずほは、佐藤社長の出身母体である旧興銀が牛耳る。これに猛反発するのが旧富士出身者だ。暴力団問題も旧富士のリーク説が根強く、“佐藤降ろし”を画策しているといわれた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹田JOC会長が仏当局の聴取に「黒塗り」報告書提出のア然

  2. 2

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  3. 3

    MC復帰でバッシングも想定内? 河野景子の“したたか”戦略

  4. 4

    有村架純「ひよっこ」は「サザエさん」「渡鬼」になれるか

  5. 5

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  6. 6

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  7. 7

    「おおらかにやりたいが…」元“満塁男”駒田徳広さんの葛藤

  8. 8

    「めちゃイケ」終了1年…雛形あきこと鈴木紗理奈の現在地

  9. 9

    永野芽郁と本田翼が急伸 2019年"CM女王争い"に異変の兆し

  10. 10

    格差容認、中韓嫌い 安倍4選を支持する強固な3割の正体

もっと見る