• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

バブル超の下落ペース 海外勢手じまいでアベノミクス崩壊

 焼け石に水だ。東京市場は29日、5営業日ぶりに反発した。が、30日は寄り付きからまた反落、下降トレンドは変わらない。日本株の現状は、バブル崩壊を上回るスピードで下落している。

 29日の日経平均終値は403円高の1万5383円。トルコの利上げ幅が予想を大きく上回り、「新興国通貨に対する警戒感がいったん沈静化」(銀行系証券)と受け止められた。だが、海外勢は今年に入って2週連続で日本株を売り越している。海外投資家が手じまいを始めたのは明らかだ。

 RFSマネジメントのチーフエコノミスト、田代秀敏氏が言う。
「アベノミクスの魔法が解けてしまったかのような下落です。昨年の大納会の日経平均株価を100とすると、29日の終値は94.43。これをバブル崩壊が始まった1990年と比較してみると、大発会の16日後は同じく1月29日で、1989年の大納会を100としたときに、終値は95.52となる。今の株価の落ち込みはバブル崩壊のペースを上回っているわけです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  2. 2

    森達也氏が危惧 オウム以降の日本社会は「集団化」が加速

  3. 3

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  4. 4

    翁長氏が後継指名 玉城氏出馬でどうなる沖縄知事選の行方

  5. 5

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  6. 6

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  7. 7

    元大リーガー・マック鈴木さん 酒豪ゆえに付いたアダ名は

  8. 8

    黄金世代が上位独占も…評論家が女子ツアーの現状憂うワケ

  9. 9

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  10. 10

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

もっと見る