• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

マクドナルドは“マジシャン”原田社長退任で復活できるのか

 日本マクドナルドHDを10年率いた原田泳幸氏(65)が経営の第一線から退く。CEOを退任し、代表権のない会長になるという。昨年8月に事業会社「日本マクドナルド」のCEOになったサラ・カサノバ氏(48)が就任するが、外国人女性の経営手腕によってマックはよみがえるか。

 マックが「勝ち組」ともてはやされたのは昔の話だ。100円マックなどを次々とヒットさせた原田氏の経営戦略にほころびが目立ち始め、13年12月期連結決算は、最終利益が前年比で6割も減り2期連続の減収減益となった。深刻なのが“客離れ”で、昨年10―12月の既存店の客数は前年同期比で2ケタ減。売上高も昨年7月から6カ月連続でマイナスとなった。

 カサノバ氏は、もともとの強みだったファミリー客を増やす「原点回帰」策を打ち出してきた。母親が好みそうなカロリー低めのヘルシーなメニューを用意し、子供向けのイベントを増やして家族連れを取り込む戦略だ。同時に不採算店など143店を閉鎖し、宅配サービスを強化する方針。果たしてうまくいくのか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  4. 4

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  5. 5

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  6. 6

    カネと欲望がうごめく甲子園 ネット裏“怪情報”<上>

  7. 7

    剛力彩芽へ助言…私生活をSNSにアップする女優は伸びない

  8. 8

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  9. 9

    安倍首相が異例の神社参拝3連発 総裁選に不安で“神頼み”

  10. 10

    剛力は助言無視で再炎上…救えるのはバナナマン日村だけか

もっと見る