マクドナルドは“マジシャン”原田社長退任で復活できるのか

公開日:  更新日:

 日本マクドナルドHDを10年率いた原田泳幸氏(65)が経営の第一線から退く。CEOを退任し、代表権のない会長になるという。昨年8月に事業会社「日本マクドナルド」のCEOになったサラ・カサノバ氏(48)が就任するが、外国人女性の経営手腕によってマックはよみがえるか。

 マックが「勝ち組」ともてはやされたのは昔の話だ。100円マックなどを次々とヒットさせた原田氏の経営戦略にほころびが目立ち始め、13年12月期連結決算は、最終利益が前年比で6割も減り2期連続の減収減益となった。深刻なのが“客離れ”で、昨年10―12月の既存店の客数は前年同期比で2ケタ減。売上高も昨年7月から6カ月連続でマイナスとなった。

 カサノバ氏は、もともとの強みだったファミリー客を増やす「原点回帰」策を打ち出してきた。母親が好みそうなカロリー低めのヘルシーなメニューを用意し、子供向けのイベントを増やして家族連れを取り込む戦略だ。同時に不採算店など143店を閉鎖し、宅配サービスを強化する方針。果たしてうまくいくのか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  5. 5

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  6. 6

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  7. 7

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  10. 10

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

もっと見る