取引停止パニック 仮想通貨「ビットコイン」大暴落の恐怖

公開日:  更新日:

 これが“通貨暴落”の引き金となるか。ネット上で流通する仮想通貨「ビットコイン」(BTC)。このBTCを扱う世界最大級の取引所「Mt.Gox」(マウント・ゴックス、本社・渋谷区)が26日未明、「サイトと利用者を守るため」として、突然すべてのサービスを停止したのだ。

 現金と交換できなくなった利用者が殺到したが、マ社は「担当者が不在」の一点張りで、約400億円分の資産が宙に浮いている可能性があるという。

「恐らく、マ社はハッカーかウイルスにシステムを狙われたのでしょう。ソフトの脆弱性が数年前から指摘されていたのに、対策を打てなかったのでしょうか。BTCの価値低下は避けられないと思います」(慶大大学院政策・メディア研究科の斉藤賢爾特任講師)

■たった1日で20%急落

 見方によっては、まるで投資詐欺事件みたいだが、BTCは一応インチキ商法ではない。08年末に「サトシ・ナカモト」と名乗る国籍・正体不明の人物がつくったバーチャルマネー。さまざまな国の通貨と交換ができ、カード等に比べ手数料が安いため、世界中に広がった。現在、200カ国以上で、100万人規模が利用しているという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  2. 2

    小橋健太さんが明かす 先輩レスラーたちの凄まじい飲み方

  3. 3

    月9「SUITS」で高評価 鈴木保奈美の豪華衣装と着こなし方

  4. 4

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  5. 5

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  6. 6

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  7. 7

    フジ月9「SUITS」 視聴率“2ケタ死守”ほぼ確定も残る不安

  8. 8

    銀シャリ鰻和弘が語る 父の借金で取り立て続いた少年時代

  9. 9

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  10. 10

    M-1騒動 カンニング竹山の正論が刺さったTVの“日和見体質”

もっと見る