100億円大盤振る舞いなのに…パナ社員が浮かない理由

公開日: 更新日:

 パナソニックが前代未聞の「減らした給与の払い戻し」を行う。
 同社は、業績不振を受けて13年度に組合員の賞与を2割カットした。ところが、実際にフタをあけてみると、13年4―12月期の連結当期純損益は、2430億円の黒字(前年同期は6238億円の赤字)に。そこで社員に利益還元となったわけだが、4月の月給に上乗せして払い戻す金額は、グループ会社の従業員を含めた6万人で総額100億円。1人当たり16万5000円ほどになる。組合員は減らされた賞与の半分、管理職は減らされた年俸の4分の1に相当する。

 これを受け、各マスコミは歓迎の論調だ。

 だが、社員に聞いてみると、いまひとつ浮かない表情なのだ。
「返還額や幅などは、当社が発表したものではありません。ですから、特にこちらからコメントすることもありません」(広報部)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  2. 2

    竹田JOC会長が仏当局の聴取に「黒塗り」報告書提出のア然

  3. 3

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  4. 4

    新元号の有力候補やはり「安」が? すでに皇太子に提示か

  5. 5

    有村架純「ひよっこ」は「サザエさん」「渡鬼」になれるか

  6. 6

    10連休GWの小遣い稼ぎに「3月高配当」21銘柄いまから狙う

  7. 7

    MC復帰でバッシングも想定内? 河野景子の“したたか”戦略

  8. 8

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  9. 9

    「おおらかにやりたいが…」元“満塁男”駒田徳広さんの葛藤

  10. 10

    AKBグループを蝕む“大企業病” 運営側グタグタ会見で露呈

もっと見る