ローソン新浪剛史氏 社長禅譲で狙う“財界ポスト”

公開日:  更新日:

 ローソンは19日、COO(最高執行責任者)の玉塚元一氏をCEO(社長兼最高経営責任者)に昇格させる方針を固めた。現CEOの新浪剛史氏は、代表権のある会長に就任するという。

 表向きは順当な人事のように見えるが、意外なのは玉塚氏のこと。05年にユニクロ社長を柳井正氏に解任された玉塚氏は、企業再生会社リヴァンプの設立を経て、10年に顧問としてローソンへ。11年からコンビニ事業の責任者として、小型スーパー開発などを仕切ってきた。

 小型スーパーは、コンビニ各社が力を入れる新業態。先月20日、横浜に1号店をオープンさせ、3年後に500店を目指す計画だ。玉塚氏はその責任者だから“実績”はなくもないが、ローソンの議決権の32%を握る筆頭株主の三菱商事の評判がイマイチで、小林健社長はじめ現執行部が社長就任に難色を示していたとされるのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  3. 3

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  4. 4

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  5. 5

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  6. 6

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  9. 9

    FA浅村の楽天入り決定 ソフトBは“赤っ恥”で来季へ遺恨残す

  10. 10

    逮捕飛び火の小池知事 “ゴーンイズム”心酔アピールの過去

もっと見る