ローソン新浪剛史氏 社長禅譲で狙う“財界ポスト”

公開日: 更新日:

 ローソンは19日、COO(最高執行責任者)の玉塚元一氏をCEO(社長兼最高経営責任者)に昇格させる方針を固めた。現CEOの新浪剛史氏は、代表権のある会長に就任するという。

 表向きは順当な人事のように見えるが、意外なのは玉塚氏のこと。05年にユニクロ社長を柳井正氏に解任された玉塚氏は、企業再生会社リヴァンプの設立を経て、10年に顧問としてローソンへ。11年からコンビニ事業の責任者として、小型スーパー開発などを仕切ってきた。

 小型スーパーは、コンビニ各社が力を入れる新業態。先月20日、横浜に1号店をオープンさせ、3年後に500店を目指す計画だ。玉塚氏はその責任者だから“実績”はなくもないが、ローソンの議決権の32%を握る筆頭株主の三菱商事の評判がイマイチで、小林健社長はじめ現執行部が社長就任に難色を示していたとされるのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    亡き“パパ”の古い携帯番号に4年間報告し続けたら返信が!

  2. 2

    安倍首相また疑惑 18年「桜を見る会」で総裁3選“支持固め”

  3. 3

    嵐・二宮和也 “匂わせ彼女”伊藤綾子と入籍した男の決断

  4. 4

    「ママがキスをせず出かけた!」2歳児の抗議が可愛すぎる

  5. 5

    元ヤン公表が裏目…木下優樹菜は“現役ヤンキー”発覚で窮地

  6. 6

    1位は矢沢永吉の7万円 芸能人ディナーショー戦線異状アリ

  7. 7

    優樹菜脱落…新ママタレ戦線のダークホースは“無臭”コンビ

  8. 8

    残留も視野って…筒香、菊池、秋山の低すぎる米挑戦への志

  9. 9

    完全アウトな国家の私物化 安倍政権は桜を見る会で詰んだ

  10. 10

    矢沢永吉“大物の証し” 批判メールに堂々と反論できた背景

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る