中国金融危機ジワリ 李克強発言が引き金で取り付け騒ぎ

公開日:  更新日:

 中国経済がのっぴきならないことになってきた。24日、江蘇省塩城市の地元銀行「江蘇射陽農村商業銀行」が倒産するというウワサが広まり、1000人近い預金者が殺到する取り付け騒ぎが起きた。銀行が札束を積み上げて「預金は保護されている」とアナウンスしたことで、ようやく騒動は収まったが、もはや、中国全土で取り付け騒ぎが勃発するのは時間の問題とみられている。

 中国事情に詳しいジャーナリストの富坂聰氏がこう言う。
「今回の取り付け騒ぎは、李克強首相の<デフォルト容認発言>が誘引したと考えられます。今月13日まで開かれていた全人代(国会)の閉幕後、李首相は“影の銀行”のデフォルト問題について、<個別の状況では避け難いものがある>と指摘しました。金融システムの強化も打ち出したのですが、国民に金融不安が広がったのでしょう」

■影の銀行破綻で表も共倒れ

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  2. 2

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  5. 5

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

  6. 6

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  7. 7

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  8. 8

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  9. 9

    「外交の安倍」どころか疫病神 日露、日韓、日米の無残

  10. 10

    「3年A組」好調キープ 狂気はらむ菅田将暉“演技力の源泉”

もっと見る