お蔵入り? 監督官庁も口挟むスカイマークのミニスカ騒動

公開日:  更新日:

「膝上15センチ」をめぐる攻防は、スカイマークが劣勢になりつつある。

 今年5月から路線・期間限定で、同社のCAがミニスカ制服を着用する予定になっているが、監督官庁の国交省も厚労省も、「セクハラ行為を誘発しかねない」と訴えるCA労組の“味方”に。さすがにスカイマークも「ミニスカに固執しているわけではない」と、デザイン変更の可能性も示唆し始めている。

「スカイマークの西久保慎一社長は理系出身、ITベンチャーの起業家だけあって考え方が超合理的です。決断も早い。今回のミニスカ制服も話題づくりのために仕掛けただけで、これだけ大騒ぎになれば元は取れたと、あっさり“撤退”する可能性もあります」(経済ジャーナリスト)

■制服マニアは「30万円出す」

 心待ちにしていた航空ファンはさぞガッカリと思いきや、そうじゃない人たちもいるらしい。風俗ライターの蛯名泰造氏がこう言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    スワロフスキー7500個「100万円ベビーカー」の乗り心地は

  10. 10

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

もっと見る