お蔵入り? 監督官庁も口挟むスカイマークのミニスカ騒動

公開日:  更新日:

「膝上15センチ」をめぐる攻防は、スカイマークが劣勢になりつつある。

 今年5月から路線・期間限定で、同社のCAがミニスカ制服を着用する予定になっているが、監督官庁の国交省も厚労省も、「セクハラ行為を誘発しかねない」と訴えるCA労組の“味方”に。さすがにスカイマークも「ミニスカに固執しているわけではない」と、デザイン変更の可能性も示唆し始めている。

「スカイマークの西久保慎一社長は理系出身、ITベンチャーの起業家だけあって考え方が超合理的です。決断も早い。今回のミニスカ制服も話題づくりのために仕掛けただけで、これだけ大騒ぎになれば元は取れたと、あっさり“撤退”する可能性もあります」(経済ジャーナリスト)

■制服マニアは「30万円出す」

 心待ちにしていた航空ファンはさぞガッカリと思いきや、そうじゃない人たちもいるらしい。風俗ライターの蛯名泰造氏がこう言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  5. 5

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  6. 6

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  7. 7

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  10. 10

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

もっと見る