• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

市場の潮目が変化…「4月相場」で勝つ“3つのキーワード”

 新年度相場が始まった。1日、日経平均は前日比35円84銭安の1万4791円99銭と反落したものの、兜町からは強気の声が聞こえてくる。「アベノミクスを見限り、売り一辺倒だった海外勢が日本市場に戻りつつある」(市場関係者)というのだ。

 外国人は3月第2週から第3週にかけて大量に「売り越し」たが、第4週に入り流れが変わった。寄り付き前の売買動向は160万株(28日)、550万株(31日)、1360万株(1日)の買い越しだった。
「この勢いだと、5月の連休あたりに平均株価1万6000円乗せもあるでしょう」(株式評論家の倉多慎之助氏)

 4月相場にうまく乗れれば、消費税増税分を取り戻せるかもしれない。投資のキーワードは3つ。
「まず不動産関連が狙い目です。ここへきて、地方の資産家が首都圏の不動産を買い漁っているといいます。来年1月に相続税の控除額が少なくなるので、金持ちは対策に必死です。借金をして不動産を購入すると、相続税を減らす効果があります。この先、不動産はますます人気化するでしょう。関連株もハネます。三菱地所や三井不動産、それに不動産ファンドのケネディクスなどです」(株式評論家の杉村富生氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    矢継ぎ早発表もポーズ 安倍政権の被災地支援は中身空っぽ

  3. 3

    股関節痛め広島視察中止…安倍首相に健康不安説また再燃

  4. 4

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  5. 5

    障害年金は支給継続も…非情な政策を傍観した公明党の大罪

  6. 6

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

  7. 7

    忖度が世代交代の妨げに…日本が4年後W杯で払う大きなツケ

  8. 8

    小泉&小沢の“異色タッグ”は政界再編の起爆剤になるのか

  9. 9

    小沢一郎氏の知恵袋が指摘 安倍政権による「内乱」予備罪

  10. 10

    元立教大生に聞いた 「奨学金破産」で人生転落するまで

もっと見る