世界一ダダ下がり アベノミクス失望売り止らない日本株

公開日:  更新日:

 平均株価が1万4000円を割っている株安。ウクライナ情勢や中国経済が原因という見方があるが、てんで違う。先週(7~11日)は先進国の株価が軒並み下落したが、日本は突出して下がった。主要25カ国・地域で日本の下落率7%はワーストだ。

 これは一時的なものではない。NYダウと英FTSE100は昨年末から今月14日にかけて、それぞれ3.3%と2.7%下落した。日経平均はというと、14%安、TOPIXも13%安だ。

■国際情勢は理由にならない

「こうなると、日本の株安が外的要因によるものという見方は、どう考えても無理があります。15日も、昼ごろに安倍首相と黒田日銀総裁の会談が始まったと伝わった途端、株価は一気に上昇しました。当日高値の1万4096円をつけましたが、首相から追加緩和要請はなかったと報じられると、100円急落した。やっぱりアベノミクスに対する失望売りなのです」(経済ジャーナリスト・岩波拓哉氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  10. 10

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

もっと見る