世界一ダダ下がり アベノミクス失望売り止らない日本株

公開日:  更新日:

 平均株価が1万4000円を割っている株安。ウクライナ情勢や中国経済が原因という見方があるが、てんで違う。先週(7~11日)は先進国の株価が軒並み下落したが、日本は突出して下がった。主要25カ国・地域で日本の下落率7%はワーストだ。

 これは一時的なものではない。NYダウと英FTSE100は昨年末から今月14日にかけて、それぞれ3.3%と2.7%下落した。日経平均はというと、14%安、TOPIXも13%安だ。

■国際情勢は理由にならない

「こうなると、日本の株安が外的要因によるものという見方は、どう考えても無理があります。15日も、昼ごろに安倍首相と黒田日銀総裁の会談が始まったと伝わった途端、株価は一気に上昇しました。当日高値の1万4096円をつけましたが、首相から追加緩和要請はなかったと報じられると、100円急落した。やっぱりアベノミクスに対する失望売りなのです」(経済ジャーナリスト・岩波拓哉氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  2. 2

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  3. 3

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  4. 4

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  5. 5

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  6. 6

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  7. 7

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    FA炭谷加入で…G小林“正捕手剥奪”で年俸6000万円飼い殺し

  10. 10

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

もっと見る