北朝鮮が粛清指令? 市場を駆け巡った「孫正義暗殺計画」

公開日: 更新日:

 ソフトバンク孫正義社長・暗殺計画――。
衝撃情報が、ここ数日、市場を駆け巡った。

「驚きましたよ。魑魅魍魎(ちみもうりよう)の相場の世界とはいえ、暗殺は穏やかじゃない。いったい背後に何があるのか。不気味としか言いようがない」(証券関係者)

 複数の関係者の話を総合すると、次のような内容になる。
「北朝鮮のナンバー2だった張成沢が昨年、国家転覆陰謀罪で処刑されたが、張と孫社長は親しかったというのです。北朝鮮は張と関係の深かった人間を粛清するため暗殺部隊を組織し、海外にも派遣した。孫社長も危ないというわけです。王将フードサービスの社長を殺した犯人も捕まっていません。王将事件と関連付ける情報も流れました」(市場関係者)

 根拠のない噂レベルの怪情報だろうが、このところソフトバンク株の値動きが乱調だったことから、市場関係者も“暗殺情報”を無視できなかったらしい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “愛の巣”から消えた…二宮和也と伊藤綾子の破局説を検証

  2. 2

    慶応幼稚舎の教育を国内最高峰と勘違いする生徒たち

  3. 3

    たとえ自分の議席を失ってもすでに山本太郎は勝っている

  4. 4

    最終議席予想は安倍敗北 改憲勢力75議席で3分の2に届かず

  5. 5

    この声も警察は排除するのか 地鳴りのような「安倍辞めろ」

  6. 6

    れいわ野原に学会票 東京で公明が共産に半世紀ぶり敗北か

  7. 7

    センバツV東邦や強豪校が地方大会序盤で相次ぎ消えた理由

  8. 8

    大船渡・佐々木に“神風” V候補敗退しジャッジも援護射撃に

  9. 9

    7/20~7/26のあなたの運勢

  10. 10

    ジャニーズからの圧力は? キー局の見解と元SMAP3人の今後

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る