投資のプロ厳選 高まる中国リスクで「買える株」「買えない株」

公開日: 更新日:

 商船三井の保有する船舶が19日、中国の裁判所に差し押さえられた。この問題を巡り、株式市場で妙な臆測が流れている。

「中国政府系の投資ファンドの動きです。数年間にわたって商船三井の大株主だったのに、昨年9月にトップ10から消えたのです。大株主のままだったら、中国サイドは今回のような強行策に出たかどうか」(ちばぎん証券の安藤富士男アナリスト)

 21日、商船三井株は一時、前日比8円安の351円まで値を下げたが、逃げたファンドは大損しなかったはずだ。

「中国関連株への投資はいっそうの注意が必要になります。影の銀行の巨額負債は何ひとつ解決していないし、商船三井問題をキッカケに反日ムードが高まる恐れもある。買える株と買えない株の見極めが大切です」(株式評論家の杉村富生氏)

■社名に「昭和」は危険

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ラグビーW杯悲願の8強 日本が打ち破った伝統国の“差別”

  2. 2

    台風19号で断水 町の自衛隊給水支援に神奈川県が“待った”

  3. 3

    大一番でスタメンの福岡堅樹にスコットランドは面食らった

  4. 4

    2000万円の退職金が半分以下に減ってしまい家計が苦しい

  5. 5

    スコットランドにはショック…稲垣のトライが生まれた背景

  6. 6

    緊急放流の6ダムで事前放流せず 国交省・自治体に重大責任

  7. 7

    巨人ドラ2位候補で狙う149キロ即戦力“ノーノー左腕”の評価

  8. 8

    阪神CS出場も鳥谷は…寂しい終幕に球団と指揮官への不信感

  9. 9

    ドラフト一番人気 星稜・奥川を狙う阪神の“嫌われ方”

  10. 10

    セは来季も巨人の独り勝ち濃厚 ライバル5球団に好材料なし

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る