日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

運用資産130兆円 「GPIF」がこれから買ってくる株

 約130兆円の資産を運用する年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)に注目が集まっている。現在は国内債券55%、国内株式17%、外国債券11%、外国株式15%、その他2%の資産構成だが、これを見直し、国内株式の比率を高めるのは確実だからだ。

 4月中旬には麻生財務相が、「6月以降にGPIFの動きが出てくる」と、GPIFによる株式の大量買いをにおわせた。市場は“口先介入”と受け止めたが、実際に日経平均は420円もハネ上がっている。

 証券各社は、国内株式の比率が17%から25%に増えると、13兆~16兆円の「買い」需要が発生すると予想。昨年1年間で外国人投資家が買い越した額(約16兆円)に匹敵する。その巨額資金でどんな株を買うか。それが分かれば、儲かるチャンスも広がるというものだ。

「今年1月から始まった新指数『JPX日経400』に採用された銘柄を中心に買ってくるでしょう。東証1部以外から選ばれたJトラストや日本マクドナルド、USEN、パチンコ関連のフィールズなどは注目です」(証券アナリスト)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のニュース記事