運用資産130兆円 「GPIF」がこれから買ってくる株

公開日: 更新日:

 約130兆円の資産を運用する年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)に注目が集まっている。現在は国内債券55%、国内株式17%、外国債券11%、外国株式15%、その他2%の資産構成だが、これを見直し、国内株式の比率を高めるのは確実だからだ。

 4月中旬には麻生財務相が、「6月以降にGPIFの動きが出てくる」と、GPIFによる株式の大量買いをにおわせた。市場は“口先介入”と受け止めたが、実際に日経平均は420円もハネ上がっている。

 証券各社は、国内株式の比率が17%から25%に増えると、13兆~16兆円の「買い」需要が発生すると予想。昨年1年間で外国人投資家が買い越した額(約16兆円)に匹敵する。その巨額資金でどんな株を買うか。それが分かれば、儲かるチャンスも広がるというものだ。

「今年1月から始まった新指数『JPX日経400』に採用された銘柄を中心に買ってくるでしょう。東証1部以外から選ばれたJトラストや日本マクドナルド、USEN、パチンコ関連のフィールズなどは注目です」(証券アナリスト)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  2. 2

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  3. 3

    大阪W選は自民リード…松井一郎氏“落選危機”で維新真っ青

  4. 4

    不倫訴訟報道の後藤真希…ブログの私生活も虚像だったのか

  5. 5

    「めちゃイケ」終了1年…雛形あきこと鈴木紗理奈の現在地

  6. 6

    JOC後任会長の最有力 山下泰裕氏の評判と“先祖返り”懸念

  7. 7

    白髪イチローの衰えた姿に身震いするような色気を感じる

  8. 8

    “安倍1強”に早くも暗雲 参院選の「前哨戦」で自民敗北危機

  9. 9

    下方修正なのに…月例経済報告「緩やかに景気回復」の大嘘

  10. 10

    安倍政権がシッポ切り JOC竹田会長を待つ仏当局の本格捜査

もっと見る