• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

運用資産130兆円 「GPIF」がこれから買ってくる株

 約130兆円の資産を運用する年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)に注目が集まっている。現在は国内債券55%、国内株式17%、外国債券11%、外国株式15%、その他2%の資産構成だが、これを見直し、国内株式の比率を高めるのは確実だからだ。

 4月中旬には麻生財務相が、「6月以降にGPIFの動きが出てくる」と、GPIFによる株式の大量買いをにおわせた。市場は“口先介入”と受け止めたが、実際に日経平均は420円もハネ上がっている。

 証券各社は、国内株式の比率が17%から25%に増えると、13兆~16兆円の「買い」需要が発生すると予想。昨年1年間で外国人投資家が買い越した額(約16兆円)に匹敵する。その巨額資金でどんな株を買うか。それが分かれば、儲かるチャンスも広がるというものだ。

「今年1月から始まった新指数『JPX日経400』に採用された銘柄を中心に買ってくるでしょう。東証1部以外から選ばれたJトラストや日本マクドナルド、USEN、パチンコ関連のフィールズなどは注目です」(証券アナリスト)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

  3. 3

    元SMAP3人は自由を謳歌 シャッフルして新たな仕事が急増中

  4. 4

    小川アナの左腕が物語る…嵐・櫻井翔“新恋人報道”の違和感

  5. 5

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  6. 6

    日本人拘束は進展ナシ…「安倍3選」を阻む北朝鮮の仕掛け

  7. 7

    太田光“裏口”報道は法廷へ 光代社長「橋下先生に委任状」

  8. 8

    流した浮名は数知れず 前田敦子&勝地涼“電撃婚”の舞台裏

  9. 9

    巨悪に甘い日本の大メディア 米新聞トランプ一斉批判で露呈

  10. 10

    カネと欲望がうごめく甲子園 ネット裏“怪情報”<番外編>

もっと見る