運用資産130兆円 「GPIF」がこれから買ってくる株

公開日:  更新日:

 約130兆円の資産を運用する年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)に注目が集まっている。現在は国内債券55%、国内株式17%、外国債券11%、外国株式15%、その他2%の資産構成だが、これを見直し、国内株式の比率を高めるのは確実だからだ。

 4月中旬には麻生財務相が、「6月以降にGPIFの動きが出てくる」と、GPIFによる株式の大量買いをにおわせた。市場は“口先介入”と受け止めたが、実際に日経平均は420円もハネ上がっている。

 証券各社は、国内株式の比率が17%から25%に増えると、13兆~16兆円の「買い」需要が発生すると予想。昨年1年間で外国人投資家が買い越した額(約16兆円)に匹敵する。その巨額資金でどんな株を買うか。それが分かれば、儲かるチャンスも広がるというものだ。

「今年1月から始まった新指数『JPX日経400』に採用された銘柄を中心に買ってくるでしょう。東証1部以外から選ばれたJトラストや日本マクドナルド、USEN、パチンコ関連のフィールズなどは注目です」(証券アナリスト)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    ネットで知り合った男女の飼い猫が“ウリ二つ”だったワケ

  8. 8

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

もっと見る