過剰な成果主義が横行 アベノミクスで急増する粉飾決算

公開日:  更新日:

 発表真っ盛りの2013年度の決算。大メディアは「アベノミクス効果で多くの企業が大幅増益」などと明るいムードを伝えているが、その一方で「粉飾決算」を開示する企業が急増していることがわかった。

 東京商工リサーチの調査によれば、13年度に「不適切会計・経理」を開示した上場企業は38社(別表=掲載は開示時期順)。07年度に調査を開始してから最多となり、12年度と比べても1・4倍に増えた。産業別では、運輸・情報通信業が9社で最も多く、次いで、サービス業7社、製造業と卸売業がいずれも6社、小売業が5社だった。

■下方修正を回避もくろみ…

 気になるのは急増の理由だ。これまでは、着服横領など従業員個人の利得を目的とした不正行為が中心で、社内モラルやチェック体制の不備などが原因だった。ところが13年度は、営業ノルマ達成に追われ、業績をよく見せかけるために架空請求するなどの行為が目立ったという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    “猫の目”打線にも順応 ソフトB中村は打順を選ばぬ仕事人

もっと見る