クールジャパンで百貨店が中国進出 安倍官邸のアベコベ

公開日: 更新日:

 日本の魅力を世界に発信する「クールジャパン」を口実に、国民の税金がハコ物に使われそうだ。

 安倍政権下で昨年11月に発足した官民ファンド「クールジャパン機構」が先週、初めて投資する事業を発表したが、総事業費650億円の3事業に、「阪急百貨店の中国浙江省寧波市への出店支援」が盛り込まれているからだ。地上6階地下1階、延べ床面積約16万平方メートルの商業施設で、日本のファッションブランドやアニメコンテンツが充実した店になるとか。開業は18年春の予定だ。

 アニメやゲームなどの日本文化をビジネスにつなげるのが「クールジャパン機構」の狙いだが、百貨店の海外進出がなぜ当てはまるのか。
「民間企業がなかなかリスクを取らないため、政府系マネーを呼び水に海外展開を促す思惑なのです」(経済誌記者)

■ハコに投資して知らんぷり

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  2. 2

    桑田真澄というカリスマが高校野球に物申したことの意義

  3. 3

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  4. 4

    好調"月9"を牽引 本田翼が放つ強烈オーラと現場での気配り

  5. 5

    イタリア政治に風穴あけた「五つ星運動」共同設立者に聞く

  6. 6

    強豪校監督に聞いた 高校野球の球数制限「賛成?反対?」

  7. 7

    大食い客から猛批判「やよい軒」おかわり有料化の視界不良

  8. 8

    横綱白鵬に帰化を決意させた朝青龍とのギスギスした因縁

  9. 9

    開幕から6戦全勝 原巨人5年ぶりV奪回は“カモ虎”と共に

  10. 10

    DeNA“オープナー制”実らず データ野球浸透の壁を識者指摘

もっと見る