• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

日本人の「カネと幸せ」 資産運用のプロが価値観の変化を危惧

 大学卒業後、農林中金、野村投資顧問、クレディ・スイス、日興アセットマネジメントと、いくつかの機関投資家でファンドマネジャーをしていた私は、40代の頃は億を超える収入があり、ずっと長者番付に名前が載りつづけていました。

 でも、もともとカネへの執着がなく、すべて使い切っています。靴、文具、オーディオ、時計……、自分ほど無邪気にカネを使った人間は、そう多くないでしょう。多額のカネを使ったことで、初めて分かったこともあります。

 仕事柄、数百億円の資産を持つ大富豪たちと接する機会もありました。彼らに共通するのは、誰も信用しない、ということ。カネはあるのに幸せそうには見えませんでした。資産を守るプレッシャーに支配されていた。

 では、カネと幸せの関係をどう考えればいいのか。機嫌よく生きるためにはカネは必要です。カネが幸せをつかむ手段なのは間違いありません。でも、多くの日本人は「目的」と「手段」を間違えているような気がします。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  4. 4

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  5. 5

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  6. 6

    カネと欲望がうごめく甲子園 ネット裏“怪情報”<上>

  7. 7

    剛力彩芽へ助言…私生活をSNSにアップする女優は伸びない

  8. 8

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  9. 9

    安倍首相が異例の神社参拝3連発 総裁選に不安で“神頼み”

  10. 10

    剛力は助言無視で再炎上…救えるのはバナナマン日村だけか

もっと見る