投資プロ5人が厳選 5月相場「買っていい株」「ダメな株」

公開日: 更新日:

 GWは旅行やレジャー、家族サービス、パチスロ・パチンコなど何かと出費を強いられる。失った資金を取り戻すには、株式投資がピッタリだ。そこでGW明けに「買っていい株、ダメな株」を投資のプロ5人に選んでもらった。
「買える株」は、2人が日本通信を挙げた。イオン向け格安スマホで注目される会社だ(別表参照)。

「節約志向の高まりで、今後、格安スマホはもっと伸びます。株価はすでに高騰していますが、まだまだ値上がりすると見ています」(株式アナリストの黒岩泰氏)
 年初は100円(分割考慮後)を割っていたが、倍々ゲームで上昇し、4月中旬には500円に迫った。「次の目安は800円」(黒岩氏)というから、上昇余地はたっぷりある。

 そのほか、成長戦略など経済政策に絡んだ銘柄が多い。医療・介護関連で、電子カルテを手掛けるCEホールディングスや、介護ロボット絡みのハーモニック・ドライブ。新エネルギーとして脚光を浴びる地熱発電の富士電機も「買い」だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  2. 2

    イタリア政治に風穴あけた「五つ星運動」共同設立者に聞く

  3. 3

    桑田真澄というカリスマが高校野球に物申したことの意義

  4. 4

    強豪校監督に聞いた 高校野球の球数制限「賛成?反対?」

  5. 5

    好調"月9"を牽引 本田翼が放つ強烈オーラと現場での気配り

  6. 6

    豊洲市場“黒い粉塵”問題 都のお粗末清掃で汚染水まみれに

  7. 7

    安倍首相に怯える公明 増税延期解散なら小選挙区壊滅危機

  8. 8

    大食い客から猛批判「やよい軒」おかわり有料化の視界不良

  9. 9

    “新 加勢大周”でデビュー 坂本一生さんが見つけた天職とは

  10. 10

    いいとも青年隊 工藤兄弟が語った“双子キャラ”への反発心

もっと見る