大赤字ソニー 早くもささやかれ始めた「次期社長」の名前

公開日: 更新日:

 前期1284億円の巨額最終損失を出したソニーが22日、今年度の経営方針説明会を開いた。大赤字が明らかになってから平井一夫社長兼CEO(53)が公の場に姿を現したのは初めて。どんな発言をするのか注目されたが、正面を見据え堂々と話すプレゼンのうまさは相変わらずだったものの、出てくる言葉は空虚だった。

 メディアの関心はテレビ事業の売却だったが、平井社長は「テレビ事業は今期は黒字化が達成できる」と強気の見通しを示した。しかしこのセリフ、去年も聞いたのだ。結果は10年連続の赤字である。22日の説明会では、テレビだけでなくゲームやモバイル、カメラなど“頑張ってます”のオンパレードだったが、根拠が希薄。平井社長の言葉をもはや誰も信用しないだろう。

■会見では「背水の陣」表明

 唯一、プレゼンの最後に語ったセリフだけが意味深だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東出の不倫発覚で…杏を苛む“浮気のトラウマ”と“男性不信”

  2. 2

    CM降板も…東出昌大「引退危機」不倫疑惑で視聴者総スカン

  3. 3

    東出昌大“裏の顔”浮き彫りに 子育ておろか家事もせず不倫

  4. 4

    案里議員認めた1億5000万円「安倍マネー」を原資に不正か

  5. 5

    夫婦別姓「結婚しなくていい」ヤジはやはり杉田水脈議員

  6. 6

    職場仲間である辛坊治郎のパワハラ疑惑について言いたい

  7. 7

    杏と東出は別居…ドラマ共演で結婚した夫婦が離婚するワケ

  8. 8

    セコマ・丸谷社長 コンビニのビジネスモデルは終焉が近い

  9. 9

    ベトナムに続きハワイへ…“優柔不断”櫻井翔の見えぬゴール

  10. 10

    安倍首相の墓穴答弁で判明 桜名簿「確実に存在する」根拠

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る