• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

大赤字ソニー 早くもささやかれ始めた「次期社長」の名前

 前期1284億円の巨額最終損失を出したソニーが22日、今年度の経営方針説明会を開いた。大赤字が明らかになってから平井一夫社長兼CEO(53)が公の場に姿を現したのは初めて。どんな発言をするのか注目されたが、正面を見据え堂々と話すプレゼンのうまさは相変わらずだったものの、出てくる言葉は空虚だった。

 メディアの関心はテレビ事業の売却だったが、平井社長は「テレビ事業は今期は黒字化が達成できる」と強気の見通しを示した。しかしこのセリフ、去年も聞いたのだ。結果は10年連続の赤字である。22日の説明会では、テレビだけでなくゲームやモバイル、カメラなど“頑張ってます”のオンパレードだったが、根拠が希薄。平井社長の言葉をもはや誰も信用しないだろう。

■会見では「背水の陣」表明

 唯一、プレゼンの最後に語ったセリフだけが意味深だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    小池都知事の沖縄入り 狙いは二階“大幹事長”に媚び売りか

  3. 3

    「まだ監督じゃない」発言で騒動に…渦中の中畑清氏を直撃

  4. 4

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  5. 5

    データ分析室も機能せず…巨人に“天敵投手”続々の真犯人

  6. 6

    突然の“密室”夕食会…安倍首相はトランプに何を飲まされた

  7. 7

    豊漁が一転、不漁に…サンマは北海道地震を知っていたのか

  8. 8

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  9. 9

    ベンチの焦りが選手に伝染 今季巨人のBクラス争いは必然

  10. 10

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

もっと見る