ITバブル長者 「インデックス」落合正美会長の栄光と転落

公開日:  更新日:

「新聞少年」の面影はどこへ?

 昨年、負債総額245億円を背負って経営破綻したゲームソフト制作会社「インデックス」。その落合正美会長(54)と妻の善美社長(48)が28日、粉飾決算の疑いで東京地検特捜部に逮捕された。

 12年8月期決算で、当期純利益が約6億円の赤字だったにもかかわらず、循環取引を使って経常利益9億1700万円の黒字などとしていた疑いだ。

 同社は、元日商岩井(現・双日)出身の落合が95年に創業。99年には、やはり日商岩井出身の(旧姓・小川)善美が転職してきた。

「2人は商社時代の上司と部下。当時、落合氏には妻子がいましたが、07年に善美氏と再婚しています。長く不倫関係にあったと噂する者もいましたね」(経済誌記者)

 しかし、善美の入社で地味だった会社は大きく飛躍。善美がドコモのiモードに提供する占いコンテンツ「恋愛の神様」を開発し、これが大ヒットしたのだ。01年3月にジャスダック上場を果たした。01年8月期に38億円だった連結売上高は、相次ぐ企業買収で07年同期には1298億円へと拡大。わずか6年で34倍に膨れ上がった。その一方で、07年の学研株流出事件では、暴力団との関係も指摘されている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  2. 2

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  3. 3

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  4. 4

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  5. 5

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  6. 6

    日ハム吉田輝星の原点 「投球フォーム」に託した父の願い

  7. 7

    玉城デニー沖縄知事の訪米に官邸・外務省が“横ヤリ”疑惑

  8. 8

    「イッテQ」疑惑で日テレ冬の時代へ…構造的問題の指摘も

  9. 9

    渋谷、浅草、築地…メジャーリーガーは昼間の観光に大忙し

  10. 10

    遠藤憲一はなぜ“Vシネ横綱”竹内力&哀川翔を凌駕できた?

もっと見る