• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

再開発にカジノ…株価上昇「山手線新駅」で儲かる13社

 山手線の駅間で最も長い品川と田町の間に、30番目の新駅ができるという。新駅の設置には、ほかの再開発計画や新路線構想が結びつく。

「1つ目は、来年スタートする『上野東京ライン』です。東北線や常磐線などと東海道線を直通運転するもの。これにより、品川車両基地に東海道線がとまるスペースが不要になるため、新駅建設に伴う再開発用地ができるのです。上野東京ラインでつながる東京駅には、丸の内の地下に“新東京駅”を造り、成田空港と結ぶプランもある。その東京駅周辺の再開発が2つ目。3つ目は、品川駅から羽田空港を結ぶ構想です」(鉄道関係者)

 新駅は、そのすべてに絡む拠点となる重要な事業だ。ビッグプロジェクトで業績拡大を狙っているのは、JR東日本や大手ディベロッパーだけではない。どんな企業が関わっているのか。

「まず東鉄工業と鉄建です。どちらもJR東日本と結びつきが強く、軌道や駅舎の建設に強い。新駅に関連する芝浦の再開発では、東京都は品川車両基地に隣接する芝浦水再生センターの再構築を打ち出しています。これを担っているのが、大成建設とNTT都市開発、ヒューリックです。羽田や成田を結ぶ“都心直結線”には、京急電鉄や京成電鉄も関心が強い。東京駅の再開発で重要なポジションにいるのが、周辺の土地を持つ三菱地所です」(証券幹部)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権また後手後手 西日本豪雨の補正予算が置き去りに

  2. 2

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  3. 3

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  4. 4

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

  5. 5

    傲慢でぶれない自民党と公明党 国民のことは考えていない

  6. 6

    否定会見で墓穴 古屋圭司議員の“裏金”疑惑ますます深まる

  7. 7

    金正恩が愚痴ポロリ 軍部の融和路線封じで非核化も後退か

  8. 8

    2カ月雲隠れ 日大アメフト内田前監督の呆れた“銭ゲバ闘争”

  9. 9

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  10. 10

    日欧EPA署名で酪農大打撃 食卓から“国産牛乳”が消える日

もっと見る