8月に92円台も…運用40年のプロが警告する“円高の夏”

公開日:  更新日:

 3日の寄り付きで株価は1万5000円を回復。「アベノミクス相場の第2幕」をあおるような雑誌の記事も目立ち始めた。イケイケムードも漂うが、うかつに今の相場に手を出すとヤケドしかねない。

「“円高の夏”を警戒しましょう。初夏を迎えた東京市場は米国株が堅調にもかかわらず、株安・円高基調にある。しかも、『冬は円安、夏は円高』という季節的な“アノマリー(経験則による規則性)”があり、早ければ今月中に1ドル=98円まで円高が進むかもしれません。そうなったら、8月に一気に92円をうかがう展開があるでしょう。為替は1年間に15%以内の範囲で上下するものですが、今年は半年間で上下4%程度しか動いていません。いざ動き始めたら、大きく崩れますよ」

 こう語るのは「ネクスト経済研究所」の斉藤洋二代表。日本生命などで40年間、為替・債券・株式の運用に携わってきた。ロイターで毎月書いているコラムの相場予想がビシバシ当たると評判だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  3. 3

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  4. 4

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  5. 5

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  6. 6

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  7. 7

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  8. 8

    巨人“台湾の大王”王柏融スルーは広島FA丸取り自信の表れ

  9. 9

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  10. 10

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

もっと見る