日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

8月に92円台も…運用40年のプロが警告する“円高の夏”

 3日の寄り付きで株価は1万5000円を回復。「アベノミクス相場の第2幕」をあおるような雑誌の記事も目立ち始めた。イケイケムードも漂うが、うかつに今の相場に手を出すとヤケドしかねない。

「“円高の夏”を警戒しましょう。初夏を迎えた東京市場は米国株が堅調にもかかわらず、株安・円高基調にある。しかも、『冬は円安、夏は円高』という季節的な“アノマリー(経験則による規則性)”があり、早ければ今月中に1ドル=98円まで円高が進むかもしれません。そうなったら、8月に一気に92円をうかがう展開があるでしょう。為替は1年間に15%以内の範囲で上下するものですが、今年は半年間で上下4%程度しか動いていません。いざ動き始めたら、大きく崩れますよ」

 こう語るのは「ネクスト経済研究所」の斉藤洋二代表。日本生命などで40年間、為替・債券・株式の運用に携わってきた。ロイターで毎月書いているコラムの相場予想がビシバシ当たると評判だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のニュース記事