サッカーW杯日本代表 1次リーグ敗退なら真っ青になる企業

公開日:  更新日:

アシックス、ソニー、電通など24社

 兜町はサッカーW杯の黒星スタートに色をなくしている。
「日本代表の勝敗と株価は密接につながっているだけに、今後の悪影響が心配です」(市場関係者)

 過去の株価の動きを見れば、それがよく分かる。日本代表がW杯初出場を決めた「ジョホールバルの歓喜」(97年11月)の翌日は、株式市場も歓喜し、日経平均は1200円上昇した。今大会も直前の親善試合で3連勝。日経平均もジンクス通り上がった。

「逆の相関関係もあります。日本が負けると、株価は下落するのです。しかも、コートジボワール戦は負け方が悪かった。前半リードし、後半に逆転された。06年ドイツ大会の初戦、オーストラリア戦と似ています。逆転負けは、株式市場に大ダメージを与えかねないのです」(株式アナリストの黒岩泰氏)

 06年オーストラリア戦は、日本代表が1点リードで前半を終えたが、後半の終盤に3点を立て続けに奪われ、1-3で逆転負け。その翌日、日経平均は614円の暴落だった。下落の“犯人”は、電通の190円安(マイナス7.8%)やソニー160円安(同3.7%)、アシックス39円安(同3.4%)などW杯関連銘柄だ。この試合以外でも、過去のデータを見ると、日本の負けは株安につながっている(表(1)参照)。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「給料は我慢したのに」と戦力外通告の選手に言われて…

  2. 2

    偽装離婚で資産隠し 羽賀研二を“金の亡者”に変えた原点

  3. 3

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  4. 4

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  5. 5

    日テレ料理番組終了で…速水もこみち“レギュラーゼロ”危機

  6. 6

    厚労省にポストと金を握られ…監察委“お手盛り報告”の必然

  7. 7

    「笑点」歴代司会者で一番やりづらかったのは前田武彦さん

  8. 8

    愛娘の元彼・羽賀を“希代のワル”と見抜いた梅宮辰夫の慧眼

  9. 9

    冷静と興奮…狂気さえ感じさせる菅田将暉の名演技に脱帽

  10. 10

    毎勤不正「組織的関与なし」幕引き図る監察委のデタラメ

もっと見る