• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

牛丼戦争から撤退?「薬局」「介護」に参入するすき家の狙い

 人手不足による店舗休業や、アルバイトによるスト呼びかけ……など、トラブル続きの牛丼チェーン「すき家」を運営するゼンショーホールディングスの定款変更が話題を集めている。目的は業容の多角化だ。

 24日に開催される株主総会に付議されるのは、8項目の追加。「調剤薬局業、医薬品や医薬部外品販売」「介護サービス事業」「自然エネルギーによる発電、売電事業」「清掃業、クリーニング業」などだ。

 ゼンショーの成長を牽引してきた牛丼は、「吉野家」「松屋」との三つ巴の激しい戦い。値下げ競争は苛烈さを増している。まさか、新規事業に乗り出し、「牛丼戦争」からの“撤退”に舵を切るのか。

 ゼンショーの広報担当者はこう言う。
「牛丼カテゴリーの売り上げシェアは38.4%(13年3月期)ほどですが、主力には変わりありません。定款変更に関わる事業はすべて既存。薬局関連が注目されていますが、傘下のスーパー『マルヤ』に併設する薬局をFCから直営への切り替えに伴うものです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  3. 3

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  4. 4

    崩れた圧勝皮算用 安倍3選という「終わりの始まり」<上>

  5. 5

    吉澤ひとみの逮捕で…「元モー娘。」相次ぐ謝罪の違和感

  6. 6

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  7. 7

    安倍首相が総裁選で獲得 地方票「55%」の怪しいカラクリ

  8. 8

    内部留保が過去最高446兆円 貯め込んでいる大企業はココだ

  9. 9

    今季でクビの選手が続出? 阪神“不良債権”11億円の中身

  10. 10

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

もっと見る