• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

復活兆しなし「落日ソニー」がハッキリした株主総会一部始終

 19日開かれたソニーの株主総会は、退場者まで出す異例の事態となった。

 ただ、1200億円を超える最終赤字を出した企業の総会にしては、出席者は昨年(1万693人)の半分以下の4662人。所要時間も昨年より16分短い99分と、大荒れというより「ソニーに対する落胆が、諦めに変わった」(市場関係者)総会だった。

「平井社長の話を聞いてがっかりした」
 9人目の発言者のこの言葉に多くの株主の心情が集約されている。

「あと1年あなた(平井社長)に任せておいて、ソニーは変われるのか。その安心感を持てない」と続けると、「その通り」と会場から合いの手が上がった。

 株主たちが一番がっかりしたのは、かつてソニーを輝かせていた“革新的”な新製品のビジョンがまったく見えなかったことだろう。平井社長はソニーが誇れる新技術として、

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “被害者”が激白 塚原夫妻の無責任指導とでっち上げの実態

  2. 2

    体操協会なぜ切れず? 塚原夫妻“職務一時停止”本当の目的

  3. 3

    東京、神奈川、四国…“地方票”石破氏の猛追に安倍陣営焦り

  4. 4

    交通遺児に残された亡父の車を競売に…劇的展開に感動の嵐

  5. 5

    海外では国民が猛反発…「年金改悪」日本だけがやすやすと

  6. 6

    最下位転落はすぐそこ…DeNAラミ監督の続投に2つの条件

  7. 7

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  8. 8

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  9. 9

    トップ3は韓国勢でも LPGAは主催者に放映権を要求するのか

  10. 10

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

もっと見る