• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「配当長者」リスト最新版 これが日本の大金持ちだ!

どこもかしこも好配当

 日本の大金持ちリスト――ともいえる“配当金長者”を調べてみた。

 14年3月期は、過去最高の配当金を出したトヨタ自動車(1株当たり165円/年)をはじめ、上場企業の約半数(741社)が増配(復配含む)に踏み切っている。
「好業績を背景に株主還元策を充実させる企業が続々です。個人投資家は受け取る配当金が多くなるので大歓迎だし、企業にとっては株価上昇の要因となります。NISAで個人投資家が増えているので、今後も増配ラッシュは続くでしょう」(株式評論家の杉村富生氏)

■配当よりも賃金を上げて

 企業の大株主もニンマリだ。ことに創業者や創業家出身者は個人投資家とはケタ違いの株を持っている。ソフトバンクの孫正義社長は2億3120万株(19.2%)を保有。配当金は1株40円(年)なので、92億円以上(税金支払い前)を手にする。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事