日産ゴーン社長は約10億円! 報酬「億超え」経営者リスト

公開日:  更新日:

 日産自動車のカルロス・ゴーン社長が、24日の株主総会で、2013年度の自分の報酬は9億9500万円だったと明らかにした。ゴーン社長は、この5年間で48億円以上の報酬を手にしている。

 今年は1億円以上の役員報酬を受け取っていた「1億円プレーヤー」が続出しそうだ。東京商工リサーチが「有価証券報告書」(6月24日現在)を調べた結果、1億円以上の役員報酬を受け取っていたのは94人(52社)だった。

 日産自動車は、まだ「有価証券報告書」を提出していないため集計から外れているが、今年もゴーン社長が日本一になりそうだ。ゴーン社長を入れると1億円プレーヤーは95人になる。

 東京商工リサーチ情報部の増田和史氏がこう言う。
「3月決算の上場企業2469社のうち、現時点で570社が有価証券報告書を提出しています。570社から94人もの1億円プレーヤーが生まれているのは、かなりの割合です。昨年は301人でした。しかも、報酬額もトップ30を見る限り、ほぼ全員増えている。今年は1億円プレーヤーの人数も総額も、昨年を上回るのが確実な情勢です」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  3. 3

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  4. 4

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  5. 5

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  6. 6

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  9. 9

    丸の“広島エキス”が原監督の狙い G若手を待つ地獄の練習量

  10. 10

    キミを守れなかった…金本擁護から逃げた坂井信也オーナー

もっと見る