ゴーン超えの13億円 キョウデン顧問の“成り上がり”人生

公開日:  更新日:

 日産のカルロス・ゴーン社長が負けた。2014年3月期の上場企業の役員報酬で、最高額に躍り出たキョウデンの橋本浩最高顧問(62)。報酬額は、なんと、12億9200万円で、ゴーン氏の9億9500万円を3億円弱上回っていた。

 橋本氏は昨年6月の株主総会後に同社の会長を退任している。「その際に支払った役員慰労金がほとんどで、基本報酬は高くありません」(同社経営企画担当者)と言う。役員退職慰労金制度は06年に廃止されているが、そこまでの期間に見合う慰労金が退職時に支払われたことで、金額が膨らんだ格好だ。思わぬ形で1位になった橋本氏だが、もともと異色経営者として知られる人物。これまでも、しばしば注目を集めてきた。

■子どもの頃は落ちこぼれ

「橋本氏が地元の長野で立ち上げたキョウデンは、オーディオ機器に使われる基板製造の下請けメーカーでした。そこから基板の試作品を短期間で請け負う会社に転換。その後はM&Aで業況を拡大した。畑違いの流通業にも進出し、九九プラスの第三者割当増資を引き受けたり、長崎屋の支援に名乗りを上げたりして話題になった。日帰り温浴施設の大江戸温泉物語にも資本参加。全国で温泉施設の再生を手がけています。もともと勉強嫌いの落ちこぼれだったそうで、地元の工業高校を卒業後、東京でのバイト暮らしを経て、『今日から電気屋』で“キョウデン”を始めた。型にはまらないユニークな経営者です」(地元経済記者)

 50歳を過ぎてから、私財10億円を投じて音楽ユニットを結成。60歳を過ぎた今もソロでライブ活動をしている。
 風変わりな経営者であるのは間違いない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  5. 5

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    抑え崩壊で接戦恐怖症 巨人最後の手段は「守護神・菅野」

  8. 8

    レアード離脱、優勝遠のき…日ハム清宮は今季終了まで一軍

  9. 9

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  10. 10

    歌手は引退するが…安室奈美恵に期待される“電撃復活”の日

もっと見る