ゴーン超えの13億円 キョウデン顧問の“成り上がり”人生

公開日: 更新日:

 日産のカルロス・ゴーン社長が負けた。2014年3月期の上場企業の役員報酬で、最高額に躍り出たキョウデンの橋本浩最高顧問(62)。報酬額は、なんと、12億9200万円で、ゴーン氏の9億9500万円を3億円弱上回っていた。

 橋本氏は昨年6月の株主総会後に同社の会長を退任している。「その際に支払った役員慰労金がほとんどで、基本報酬は高くありません」(同社経営企画担当者)と言う。役員退職慰労金制度は06年に廃止されているが、そこまでの期間に見合う慰労金が退職時に支払われたことで、金額が膨らんだ格好だ。思わぬ形で1位になった橋本氏だが、もともと異色経営者として知られる人物。これまでも、しばしば注目を集めてきた。

■子どもの頃は落ちこぼれ

「橋本氏が地元の長野で立ち上げたキョウデンは、オーディオ機器に使われる基板製造の下請けメーカーでした。そこから基板の試作品を短期間で請け負う会社に転換。その後はM&Aで業況を拡大した。畑違いの流通業にも進出し、九九プラスの第三者割当増資を引き受けたり、長崎屋の支援に名乗りを上げたりして話題になった。日帰り温浴施設の大江戸温泉物語にも資本参加。全国で温泉施設の再生を手がけています。もともと勉強嫌いの落ちこぼれだったそうで、地元の工業高校を卒業後、東京でのバイト暮らしを経て、『今日から電気屋』で“キョウデン”を始めた。型にはまらないユニークな経営者です」(地元経済記者)

 50歳を過ぎてから、私財10億円を投じて音楽ユニットを結成。60歳を過ぎた今もソロでライブ活動をしている。
 風変わりな経営者であるのは間違いない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    飯島直子は自分のアソコに水着の上からポラで割れ目を…

  2. 2

    パ球団トレード打診も…阪神は藤浪を“飼い殺し”にするのか

  3. 3

    安倍政権GW外遊ラッシュ 13閣僚“海外旅行”に血税5億の衝撃

  4. 4

    応援演説にブーイング 杉田水脈議員が「自ら招いた危険」

  5. 5

    池袋を暴走し母娘の命を奪った元通産官僚「記念館」の真偽

  6. 6

    ジャパンライフに一斉捜査 安倍首相“広告塔”の動かぬ証拠

  7. 7

    写真誌に泥酔姿撮られた…米津玄師の「知られざる私生活」

  8. 8

    立憲民主“三重苦”で…野党結集へ態度一変した枝野氏の焦り

  9. 9

    吉高「定時で」も視聴率上昇 TBS火曜22時ドラマに“仕掛け”

  10. 10

    理事長は怒り心頭 横綱白鵬「三本締め」けん責処分の意味

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る