ゴーン超えの13億円 キョウデン顧問の“成り上がり”人生

公開日:  更新日:

 日産のカルロス・ゴーン社長が負けた。2014年3月期の上場企業の役員報酬で、最高額に躍り出たキョウデンの橋本浩最高顧問(62)。報酬額は、なんと、12億9200万円で、ゴーン氏の9億9500万円を3億円弱上回っていた。

 橋本氏は昨年6月の株主総会後に同社の会長を退任している。「その際に支払った役員慰労金がほとんどで、基本報酬は高くありません」(同社経営企画担当者)と言う。役員退職慰労金制度は06年に廃止されているが、そこまでの期間に見合う慰労金が退職時に支払われたことで、金額が膨らんだ格好だ。思わぬ形で1位になった橋本氏だが、もともと異色経営者として知られる人物。これまでも、しばしば注目を集めてきた。

■子どもの頃は落ちこぼれ

「橋本氏が地元の長野で立ち上げたキョウデンは、オーディオ機器に使われる基板製造の下請けメーカーでした。そこから基板の試作品を短期間で請け負う会社に転換。その後はM&Aで業況を拡大した。畑違いの流通業にも進出し、九九プラスの第三者割当増資を引き受けたり、長崎屋の支援に名乗りを上げたりして話題になった。日帰り温浴施設の大江戸温泉物語にも資本参加。全国で温泉施設の再生を手がけています。もともと勉強嫌いの落ちこぼれだったそうで、地元の工業高校を卒業後、東京でのバイト暮らしを経て、『今日から電気屋』で“キョウデン”を始めた。型にはまらないユニークな経営者です」(地元経済記者)

 50歳を過ぎてから、私財10億円を投じて音楽ユニットを結成。60歳を過ぎた今もソロでライブ活動をしている。
 風変わりな経営者であるのは間違いない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  2. 2

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  3. 3

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  4. 4

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  5. 5

    動くとビキニが…水原希子“透け映えコーデ”に会場クギづけ

  6. 6

    石崎ひゅーいとは破局か “共演者キラー”蒼井優の次の相手

  7. 7

    後輩芸人と絶縁宣言で浮き彫りに JOYとユージの好感度の差

  8. 8

    日産は会長人事見送り…ルノーに逆らえずクーデター大失敗

  9. 9

    「THE W」優勝 阿佐ヶ谷姉妹より受けていたのは滝沢カレン

  10. 10

    実は辺野古反対派 昭恵夫人「海を守りたい」思いはどこへ

もっと見る