ベネッセ情報流出 名簿業者に渡った「3億円顧客リスト」

公開日:  更新日:

 流出した極秘データは「宝の山」だった――。
 通信教育大手「ベネッセホールディングス(HD)」の顧客情報漏洩問題が波紋を広げている。流出情報は最大で約2070万件に上る可能性があり、昨年の「ヤフーID流出」(約2200万件)に次ぐ規模になる。

 現在、確認されている漏洩情報は「進研ゼミ」の顧客760万件など。この漏洩情報をもとに子供向けの通信教育事業を手掛ける「ジャストシステム」(徳島市)が複数の顧客にダイレクトメール(DM)を発送していたことを認めており、警視庁は不正競争防止法違反の疑いで入手経路の捜査を始めた。

■小6データが1件15円から

 事件のカギを握るのは名簿業者だ。「ジャストシステム」に名簿を販売したと認めた東京・福生市の「文献社」。4月下旬~5月ごろ、同業者の「パン・ワールド」(武蔵野市)から顧客情報を買ったという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    “猫の目”打線にも順応 ソフトB中村は打順を選ばぬ仕事人

もっと見る