ベネッセ情報流出 名簿業者に渡った「3億円顧客リスト」

公開日:  更新日:

 流出した極秘データは「宝の山」だった――。
 通信教育大手「ベネッセホールディングス(HD)」の顧客情報漏洩問題が波紋を広げている。流出情報は最大で約2070万件に上る可能性があり、昨年の「ヤフーID流出」(約2200万件)に次ぐ規模になる。

 現在、確認されている漏洩情報は「進研ゼミ」の顧客760万件など。この漏洩情報をもとに子供向けの通信教育事業を手掛ける「ジャストシステム」(徳島市)が複数の顧客にダイレクトメール(DM)を発送していたことを認めており、警視庁は不正競争防止法違反の疑いで入手経路の捜査を始めた。

■小6データが1件15円から

 事件のカギを握るのは名簿業者だ。「ジャストシステム」に名簿を販売したと認めた東京・福生市の「文献社」。4月下旬~5月ごろ、同業者の「パン・ワールド」(武蔵野市)から顧客情報を買ったという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

  2. 2

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  5. 5

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  6. 6

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  7. 7

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  8. 8

    事件、退所、病気…ジャニーズ内の光と影が鮮明だった一年

  9. 9

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  10. 10

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

もっと見る