ベネッセ流出 元マック原田会長が直面する「巨額賠償訴訟」

公開日: 更新日:

「マイナスのインパクトは多少あっても、それ以上の成長をしていく」――。ベネッセホールディングスの原田泳幸会長兼社長(65)は、時事通信の単独インタビューにそう答えた。大量の顧客情報の流出にも随分と強気の経営姿勢だ。

 これまで米アップルコンピュータ副社長や日本マクドナルド社長兼会長として辣腕を振るってきた「経営のプロ」。ベネッセ株の急落にも「(下落率は)1桁台」と余裕だが、楽観視していられるのは今のうちだけだろう。

 今回の顧客情報の流出件数は最大で2070万件に上る可能性がある。情報漏洩の責任を追及されて損害賠償訴訟となれば、経営に与えるインパクトは計り知れない。

「2070万件という数字は、日本の0歳から18歳の人口に匹敵します。これほど多くの人が将来にわたって流出情報の扱われ方に神経をとがらせなくてはならないのです。今後、慰謝料を求める訴訟が相次ぐ可能性はあります」(警視庁担当記者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    GACKT告白 浜田だけじゃない芸能界パワハラ&セクハラの闇

  2. 2

    自民・田畑毅氏離党か…永田町で飛び交う“女性醜聞”の中身

  3. 3

    また怪統計か 2018年「貯蓄ゼロ世帯」大幅改善のカラクリ

  4. 4

    安倍政権にGDPカサ上げ疑惑 600兆円達成へ統計38件イジる

  5. 5

    トランプに平和賞?推薦した安倍首相に問われる“見識”<上>

  6. 6

    ローン嫌いは意外に多い 現金主義のメリットと得するコツ

  7. 7

    3月の侍J入りも辞退 巨人に“丸効果”ジワリで指揮官も賛辞

  8. 8

    銀行口座は3つを使い分け 7年で1000万円貯めた主婦の凄腕

  9. 9

    日産の“暴君”と対決した元広報マンはゴーン事件をどう見る

  10. 10

    常盤貴子「グッドワイフ」も評判 “ネオ美熟女”はなぜ人気

もっと見る