打ち出したら大暴落も…黒田日銀「追加緩和」はもうできない

公開日: 更新日:

 日銀は、14日と15日の両日、金融緩和策などを決める金融政策決定会合を開く。

 先週、日経平均は小幅ながら5日続落。日銀も久しぶりに動いた。8日から11日まで、株価を下支えするため、連日144億円の上場投資信託(ETF)を買った。4日連続の購入は、黒田東彦総裁が昨年4月に“異次元緩和”をブチ上げてから初めてだ。

「4日間の合計額は576億円に達し、インパクトも大きかった。ただ、日銀はすでに3兆円を超すETFを買っています。今年末までの残る買い取り枠は4500億円程度まで減った。この額では心もとない。黒田総裁は、昨年4月の大胆緩和から1年3カ月も動いていません。ETF買い取り枠の拡大など、そろそろ次の一手を打ってもいい気がします」(株式評論家の倉多慎之助氏)

 市場関係者からは追加緩和への期待が高まっているが、「黒田日銀は今回も動かない」という読みもある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  2. 2

    大阪W選は自民リード…松井一郎氏“落選危機”で維新真っ青

  3. 3

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  4. 4

    不倫訴訟報道の後藤真希…ブログの私生活も虚像だったのか

  5. 5

    “安倍1強”に早くも暗雲 参院選の「前哨戦」で自民敗北危機

  6. 6

    「めちゃイケ」終了1年…雛形あきこと鈴木紗理奈の現在地

  7. 7

    下方修正なのに…月例経済報告「緩やかに景気回復」の大嘘

  8. 8

    白髪イチローの衰えた姿に身震いするような色気を感じる

  9. 9

    JOC後任会長の最有力 山下泰裕氏の評判と“先祖返り”懸念

  10. 10

    20代美女と醜聞発覚 田原俊彦の“業界評”が真っ二つのワケ

もっと見る