業界大再編へ 「ファミマ」「サークルKサンクス」統合も?

公開日:  更新日:

「ローソンが高級スーパーの成城石井を買収検討」「ユニーグループHDは傘下のサークルKサンクス売却検討」――。コンビニを巡る報道が過熱している。

「ローソンの新浪剛史会長がサントリー社長への転身を決めたことがキッカケかもしれません。コンビニ業界を良くも悪くも引っかき回した新浪会長が業界から去ることで、各社の思惑が表面化した可能性がある」(業界関係者)

 ローソンは新浪会長に代わり、玉塚元一社長が会社の顔となる。成城石井買収で、社内外に存在感を示す狙いがあっても不思議ではない。

「ユニーは大株主の意向がチラつきます。大株主である伊藤忠商事(2・9%)は、ファミリーマートの筆頭株主(30・6%)でもあるのです。商社主導で、サークルKサンクスとファミマが経営統合に向かうことは十分にあり得る」(コンビニ幹部)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    ネットで知り合った男女の飼い猫が“ウリ二つ”だったワケ

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  10. 10

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

もっと見る