マックの中国産チキン販売中止は“英断”か“小手先の対策”か

公開日: 更新日:

 吉と出るか凶と出るか――。

 日本マクドナルドは25日、中国製チキン商品の販売を全面的に中止すると発表した。すでに消費期限切れの鶏肉を使った中国の食品会社「上海福喜食品」が作った「チキンマックナゲット」の販売を中止しているが、消費者の中国産鶏肉への不安が高まっているとして、全量をタイ製に一本化する措置に踏み切った。

 多くの居酒屋、コンビニ、ファストフードが中国産の輸入を継続する中での全面中止は英断にも映る。同社の「お客様サービス室」の電話はきのうもずっと鳴りっぱなしだったが、これで事態打開となるか。

 マックの経営に詳しいジャーナリストの田中幾太郎氏がこう言う。

「たしかに今回のマックの決定は迅速ですが、根本的な解決には至らないでしょう。まず、サラ・カサノバ社長兼CEOはまともな説明や謝罪をしていません。同じ鶏肉を仕入れていたファミリーマートの中山勇社長は『お客さまの信頼を裏切った』と陳謝し、レシートがあれば返金に応じると約束しました。両社の対応を見比べて、マックに違和感を覚えた消費者は少なくないと思います」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    宮迫ら闇営業11人処分! 吉本興業「遅すぎた決断」の代償

  2. 2

    “仰天婚”山里と“闇営業解雇”入江 吉本芸人の明暗クッキリ

  3. 3

    NGT48崩壊の足音 “山口真帆派”高沢&渡邉が活動辞退を表明

  4. 4

    離婚で女性の敵に…ビートたけしを待ち受けるイバラの道

  5. 5

    安倍首相「他の制度示した人いない」年金議論ガン無視発言

  6. 6

    「闇営業」謹慎処分で一番ワリを食ったガリットチュウ福島

  7. 7

    宮迫「アメトーク!」優良スポンサーCM消滅危機で崖っぷち

  8. 8

    八村塁もいずれは大富豪 NBA選手の副収入が“ハンパない”

  9. 9

    日ハム輝星は3回5失点KOでも…中日打者から相次ぐ称賛の声

  10. 10

    ドラマ内定情報も 山口真帆“リベンジの狼煙”早くも上がる

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る