リクルート、USJ、LINE…秋に狙う「大型IPO」

公開日:  更新日:

 毎年恒例の「夏枯れ」模様の“膠着状態”が続いている東京株式市場。投資家の目は、早くも秋以降の市場に向いている。大型の新規株式公開(IPO)が予定されているためだ。現在、IPOが予定されている主な企業は、人材派遣の「リクルートホールディングス」、娯楽産業の「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン」(USJ)、スマホ向け無料通信アプリの「LINE」、外食の「すかいらーく」などだ。

「何といっても最大の注目はLINEとリクルートの2つ。今や世界中でユーザーが4億人近くに達しているLINEは、上場すれば時価総額は1兆円を下らないでしょう。リクルートも14年3月期の連結売上高が約1兆2000億円、当期利益で650億円余りをたたき出す超優良企業。やはり上場すれば時価総額が1兆円を超えるのは確実です」(市場関係者)

■機関投資家は様子見

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

  2. 2

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  5. 5

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  6. 6

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  7. 7

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  8. 8

    事件、退所、病気…ジャニーズ内の光と影が鮮明だった一年

  9. 9

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  10. 10

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

もっと見る