• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

お盆休みが最も危ない…8月13日「株暴落」に市場が警戒

 株式市場に動揺が広がっている。先週8日、日経平均は節目だった1万5000円をアッサリ割り込んだ。

「日経平均は5月ごろから膠着していたので、いずれ上下のどちらかに大きく動くとみられていました。大方の予想は高騰でしたが、残念ながら大幅下落だった」(証券アナリスト)

 8月に入り、日経平均は地味ながら下げ傾向となっていた。安倍政権の株高政策と歩調を合わせる日銀は、市場の嫌なムードを察し、今月4~8日に連日156億円の株式(上場投資信託)を買っている。合計780億円という巨額だ。

「それなのに株安は止まらず、8日は450円近く下落しました。こうなると、さらなる暴落が心配です。実は、13日が最も危ない」(市場関係者)

 13日は4-6月期のGDP(速報値)が公表される。8月上旬時点の民間エコノミストのコンセンサスは年率換算で7・2%減。日本経済研究センターが7月10日に公表したエコノミストの平均予測値は4・9%減だったから、想定外の景気悪化が進行していることになる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  2. 2

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  3. 3

    野田聖子氏周辺に疑惑 仮想通貨「GACKTコイン」接点は?

  4. 4

    乃木坂46白石麻衣 不可解なドタキャン騒動に大ブーイング

  5. 5

    なぜ? 「大阪万博」スポンサーに米国カジノ企業が次々と

  6. 6

    安倍首相を守り栄転 太田理財局長は“論功行賞”で主計局長

  7. 7

    広島追撃にキーマン不在…巨人・坂本は長期離脱の可能性も

  8. 8

    安倍首相を悩ませる 金正恩の「拉致問題」への対応一変

  9. 9

    ユニクロの狙いは? フェデラーと“10年300億円契約”の意味

  10. 10

    48歳・仙道敦子「この世界の片隅に」で女優復帰の舞台裏

もっと見る