お盆休みが最も危ない…8月13日「株暴落」に市場が警戒

公開日: 更新日:

「7・2%より良い数値が出たとしても、そもそも想定外の悪化なので、市場は警戒を緩めず、株価上昇の期待は薄い。もし、7・2%よりマイナス幅が拡大したら目も当てられない。8日の450円程度の下落では済まないでしょう」(前出の市場関係者)

 今週は盆休みと重なるため、市場参加者が少なく、薄商いが予想される。

「それだけに株価は大きく振れやすいのです。外資系ファンドが、ちょっと売りを仕掛けただけで株価は大暴落します。13日は絶好のタイミングかもしれません。日経平均の次の節目は1万4100円。ここが勝負でしょう」(株式アナリストの黒岩泰氏)

 1万4100円を割り込んだら、おそらく底なしだ。

「GPIF(年金基金)や日銀など公的資金が買い支えるという見方もありますが、この動きはすでに織り込み済み。株価反騰の材料にはならない」(黒岩泰氏)

 アベノミクスがつくり出した“見せかけの株高”はいよいよ終幕だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東出の不倫発覚で…杏を苛む“浮気のトラウマ”と“男性不信”

  2. 2

    CM降板も…東出昌大「引退危機」不倫疑惑で視聴者総スカン

  3. 3

    案里議員認めた1億5000万円「安倍マネー」を原資に不正か

  4. 4

    東出昌大“裏の顔”浮き彫りに 子育ておろか家事もせず不倫

  5. 5

    夫婦別姓「結婚しなくていい」ヤジはやはり杉田水脈議員

  6. 6

    職場仲間である辛坊治郎のパワハラ疑惑について言いたい

  7. 7

    セコマ・丸谷社長 コンビニのビジネスモデルは終焉が近い

  8. 8

    安倍首相の墓穴答弁で判明 桜名簿「確実に存在する」根拠

  9. 9

    杏と東出は別居…ドラマ共演で結婚した夫婦が離婚するワケ

  10. 10

    立憲と国民は児童会か 合流破談で完全に国民に見放される

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る