日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

みずほ凋落、三井住友が初首位…銀行給与ランキングに異変

 東京商工リサーチが06年3月期から実施している「国内銀行平均年間給与」(信託銀行除く102行が対象)で異変が起きた。
 三井住友銀行が初のトップに立ったのに対し、同じメガバンクの一角であるみずほ銀行が前年の2位から12位に転落したのだ。

 1位の三井住友は前年より32万7000円増えて831万8000円。東京商工リサーチは、「好業績を反映し、ボーナスが良かった」と分析している。
 一方、みずほは凋落だ。前年に比べ98万4000円減少した。いったい何が起きたのか。

「実はカラクリがあります。13年3月期までは、みずほコーポレート銀行と、みずほ銀行はそれぞれ別の銀行でしたが、経営統合で1行になった。その影響です」(東京商工リサーチ情報部課長の坂田芳博氏)

 昨年、みずほコーポは824万円だったが、みずほ銀行は673万円。今年は一般職(給与は抑えめ)の多いみずほ銀行に片寄せされ、725万8000円となった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のニュース記事