みずほ凋落、三井住友が初首位…銀行給与ランキングに異変

公開日: 更新日:

 東京商工リサーチが06年3月期から実施している「国内銀行平均年間給与」(信託銀行除く102行が対象)で異変が起きた。
 三井住友銀行が初のトップに立ったのに対し、同じメガバンクの一角であるみずほ銀行が前年の2位から12位に転落したのだ。

 1位の三井住友は前年より32万7000円増えて831万8000円。東京商工リサーチは、「好業績を反映し、ボーナスが良かった」と分析している。
 一方、みずほは凋落だ。前年に比べ98万4000円減少した。いったい何が起きたのか。

「実はカラクリがあります。13年3月期までは、みずほコーポレート銀行と、みずほ銀行はそれぞれ別の銀行でしたが、経営統合で1行になった。その影響です」(東京商工リサーチ情報部課長の坂田芳博氏)

 昨年、みずほコーポは824万円だったが、みずほ銀行は673万円。今年は一般職(給与は抑えめ)の多いみずほ銀行に片寄せされ、725万8000円となった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人・小林「銀さんに全部負け」直撃取材に“弱気発言”連発

  2. 2

    テレ朝が“忖度”人事か…安倍政権追及の経済部長を更迭

  3. 3

    ジャーナリスト宮下洋一氏 日本での安楽死法制化には反対

  4. 4

    ジャニー喜多川氏の救急搬送で中居正広と木村拓哉の今後は

  5. 5

    宮迫ら闇営業11人処分! 吉本興業「遅すぎた決断」の代償

  6. 6

    海外ドラマのメインキャストに 山下智久の気になる英語力

  7. 7

    宮迫「アメトーク!」優良スポンサーCM消滅危機で崖っぷち

  8. 8

    “闇営業問題”泥沼化 スポンサー撤退にNHK調査開始の大混乱

  9. 9

    日ハム輝星“直球8割でも抑えられる”を科学データで謎解き

  10. 10

    大船渡・佐々木朗希に“逆指名”させようともくろむ球団が

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る