最期まで明るく…ビジネスマンの心打つ灰谷健司氏の生き様

公開日:  更新日:

 テレビや雑誌で遺産相続のアドバイザーを務めてきた三菱UFJ信託銀行執行役員の灰谷健司氏が10日に亡くなった。まだ52歳の若さだったが、灰谷氏の生き方には心打たれる。

 灰谷氏は慶大経済学部を卒業して同行に入行、新宿新都心支店などを経て2000年からリテール企画推進部に勤務していた。財務コンサルタントとして講演活動をはじめ、本も数多く出している。不動産鑑定士やファイナンシャルプランナー、中小企業診断士など多くの資格を持ち、税理士試験にも合格。「相続・遺言のプロ」と呼ばれ、年に100本の講演会をこなしてきた。

 ところが6年前、大腸がんが見つかり、手術を受けたものの肝臓から肺、骨へと転移。病魔と闘いながらも気丈に仕事に取り組んできたのである。

「灰谷さんは『遺言は家族への最後のラブレター』が持論でした。親は子供たちに等しく愛情を注ぐが、残す遺産はそれぞれ異なることがある。そのためにしっかり遺言を用意しておきましょうと訴えていました。病気と前向きに闘い、つらそうなときもありましたが、取材や講演会が始まると、いつも明るく振る舞っていました」(同行広報室主任調査役の富永恭史氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  8. 8

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  9. 9

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  10. 10

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

もっと見る