6倍高銘柄も…夏枯れ「ギャンブル相場」の意外な“真犯人”

公開日:  更新日:

 ディジタルメディアプロフェッショナルの株価がもの凄いことになっている。7月下旬には650円前後だったのに、8月に入り高騰。18日はストップ高の4040円まで買われた。ほんの2週間で6倍以上になったのだ。最低売買単位の100株を保有していただけで、6万5000円が40万円以上。300株だったら、19万5000円が約121万円と100万円超の儲けだ。

「電子センサー分野で注目される会社です。個人投資家が突然群がったようですが、その理由は<ソニーが自動運転車の“目”を開発>という報道でした。目から連想するのは、電子センサーですからね」(株式アナリストの黒岩泰氏)

 ただ自動運転車は、これまで何度となく注目されてきた。決して新しい材料ではない。

「今は夏枯れ相場なので商いが薄い。ちょっとした材料でも株価は大きく上下します。そんな時期に飛び出したニュースなので暴騰した。市場はギャンブル場になっています」(市場関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  3. 3

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

  8. 8

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  9. 9

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  10. 10

    ボールの下にバットを入れる“ホームラン打法”に対する誤解

もっと見る