• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

6倍高銘柄も…夏枯れ「ギャンブル相場」の意外な“真犯人”

 ディジタルメディアプロフェッショナルの株価がもの凄いことになっている。7月下旬には650円前後だったのに、8月に入り高騰。18日はストップ高の4040円まで買われた。ほんの2週間で6倍以上になったのだ。最低売買単位の100株を保有していただけで、6万5000円が40万円以上。300株だったら、19万5000円が約121万円と100万円超の儲けだ。

「電子センサー分野で注目される会社です。個人投資家が突然群がったようですが、その理由は<ソニーが自動運転車の“目”を開発>という報道でした。目から連想するのは、電子センサーですからね」(株式アナリストの黒岩泰氏)

 ただ自動運転車は、これまで何度となく注目されてきた。決して新しい材料ではない。

「今は夏枯れ相場なので商いが薄い。ちょっとした材料でも株価は大きく上下します。そんな時期に飛び出したニュースなので暴騰した。市場はギャンブル場になっています」(市場関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  2. 2

    なぜ? 「大阪万博」スポンサーに米国カジノ企業が次々と

  3. 3

    安倍首相を守り栄転 太田理財局長は“論功行賞”で主計局長

  4. 4

    野田聖子氏周辺に疑惑 仮想通貨「GACKTコイン」接点は?

  5. 5

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  6. 6

    48歳・仙道敦子「この世界の片隅に」で女優復帰の舞台裏

  7. 7

    ユニクロの狙いは? フェデラーと“10年300億円契約”の意味

  8. 8

    乃木坂46白石麻衣 不可解なドタキャン騒動に大ブーイング

  9. 9

    安倍首相を悩ませる 金正恩の「拉致問題」への対応一変

  10. 10

    ZOZO騒がれた日の皮肉 老舗球団は新興勢力に5年で抜かれる

もっと見る