エボラ出血熱に日本人拘束…株暴落を招く「5つの爆弾」

公開日: 更新日:

 兜町に不穏な空気が漂っている。日経平均は20日まで、大した材料もないのに8日続伸し、20日終値は1万5454円。昨年12月後半の9連騰に次ぐ記録で、本来なら浮き立ってもいいのだが、市場関係者は「凶事の前触れ」と怯える。

「この間の上昇額は670円程度と小幅です。悪材料が出たら、あっという間に上昇分は吹っ飛びます。しかも、不安材料が山ほどあるのです」(証券アナリスト)

■パンデミック

 市場では、株価を暴落させかねない“5つの爆弾”が取り沙汰されている。

「エボラ出血熱が最大の懸念材料です。パンデミック(世界的流行)の兆しが見えただけで大暴落します。日経平均の下落幅は1000円を超えるかもしれません」(株式アナリストの黒岩泰氏)

■ソロスの弱気

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「桜を見る会」私物化を白状 下関市長の歪んだ“特権意識”

  2. 2

    “悪党”がゾロゾロ…桜を見る会の怪しい招待客選定プロセス

  3. 3

    名簿破棄の大嘘 安倍首相「シンクライアント」でまた墓穴

  4. 4

    夫は人気漫画家でも格差婚?壇蜜の知られざる超堅実ライフ

  5. 5

    すわ解散か…二階幹事長の“広報指令”に会期末の永田町激震

  6. 6

    「70万円の婚約指輪が小さく感じる」女性の相談が大炎上!

  7. 7

    大往生で称賛記事があふれた中曽根康弘元首相の“犯罪”

  8. 8

    萩生田大臣の発言 あんた総理ファーストじゃなかったっけ

  9. 9

    エ軍大谷が2回目の契約更改へ 投手全休で来季年俸いくら?

  10. 10

    巨人との契約残し…山口俊メジャー挑戦の裏に5億円大豪邸

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る