エボラ出血熱に日本人拘束…株暴落を招く「5つの爆弾」

公開日:  更新日:

 兜町に不穏な空気が漂っている。日経平均は20日まで、大した材料もないのに8日続伸し、20日終値は1万5454円。昨年12月後半の9連騰に次ぐ記録で、本来なら浮き立ってもいいのだが、市場関係者は「凶事の前触れ」と怯える。

「この間の上昇額は670円程度と小幅です。悪材料が出たら、あっという間に上昇分は吹っ飛びます。しかも、不安材料が山ほどあるのです」(証券アナリスト)

■パンデミック

 市場では、株価を暴落させかねない“5つの爆弾”が取り沙汰されている。

「エボラ出血熱が最大の懸念材料です。パンデミック(世界的流行)の兆しが見えただけで大暴落します。日経平均の下落幅は1000円を超えるかもしれません」(株式アナリストの黒岩泰氏)

■ソロスの弱気

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  3. 3

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  7. 7

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  8. 8

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  9. 9

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

  10. 10

    前JGTO副会長が吐露 男子2試合“消滅”は青木功会長が招いた

もっと見る