ホテル転用の実績も…代ゼミが本腰を入れる不動産業の勝算

公開日:  更新日:

 全国27カ所あった校舎を7カ所に縮小する大手予備校の「代々木ゼミナール」の不動産事業に注目が集まっている。

 すでに「ホテルカンラ京都」(旧代ゼミ京都校別館)、「ホテルアンテルーム京都」(旧代ゼミ予備校独身寮)、商業施設「代々木ビレッジ」(代ゼミ本部校の旧校舎跡地)など、“校舎転用”の実績があり、旧札幌校は、貸会議室国内最大手のティーケーピー(東京)に貸し出している。

 現在建て替え中の代ゼミ名古屋本館(2016年竣工予定)は、「ホテル名鉄イン」との複合ビルになる予定だ。

「基本的に不動産は自社グループで保有。予備校以外としても活用できるデザイン性のある建築や駅前でアクセスがいい校舎が多く、最初から“用地転換”を意識していたのでは、なんて噂もありました」(教育業界関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    偶然なのか…「不適切入試」の医学部はなぜかブラック病院

  5. 5

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  6. 6

    4K&8Kテレビの選び方は…両方導入したプロが基礎を解説

  7. 7

    今度は雑誌がバカ売れ…女性の圧倒的支持を得た白石麻衣

  8. 8

    家庭内でも孤立…貴乃花が妻と弟子にした“正座説教”1時間

  9. 9

    専門家が指摘…あおり運転は善良なドライバーもやっている

  10. 10

    上沼恵美子で騒ぐ連中の勉強不足…便乗TVもどうかしている

もっと見る