ホテル転用の実績も…代ゼミが本腰を入れる不動産業の勝算

公開日:  更新日:

 全国27カ所あった校舎を7カ所に縮小する大手予備校の「代々木ゼミナール」の不動産事業に注目が集まっている。

 すでに「ホテルカンラ京都」(旧代ゼミ京都校別館)、「ホテルアンテルーム京都」(旧代ゼミ予備校独身寮)、商業施設「代々木ビレッジ」(代ゼミ本部校の旧校舎跡地)など、“校舎転用”の実績があり、旧札幌校は、貸会議室国内最大手のティーケーピー(東京)に貸し出している。

 現在建て替え中の代ゼミ名古屋本館(2016年竣工予定)は、「ホテル名鉄イン」との複合ビルになる予定だ。

「基本的に不動産は自社グループで保有。予備校以外としても活用できるデザイン性のある建築や駅前でアクセスがいい校舎が多く、最初から“用地転換”を意識していたのでは、なんて噂もありました」(教育業界関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  8. 8

    ラグビーW杯決勝が22万円に! 横行するネットダフ屋の実態

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

もっと見る