• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ホテル転用の実績も…代ゼミが本腰を入れる不動産業の勝算

 全国27カ所あった校舎を7カ所に縮小する大手予備校の「代々木ゼミナール」の不動産事業に注目が集まっている。

 すでに「ホテルカンラ京都」(旧代ゼミ京都校別館)、「ホテルアンテルーム京都」(旧代ゼミ予備校独身寮)、商業施設「代々木ビレッジ」(代ゼミ本部校の旧校舎跡地)など、“校舎転用”の実績があり、旧札幌校は、貸会議室国内最大手のティーケーピー(東京)に貸し出している。

 現在建て替え中の代ゼミ名古屋本館(2016年竣工予定)は、「ホテル名鉄イン」との複合ビルになる予定だ。

「基本的に不動産は自社グループで保有。予備校以外としても活用できるデザイン性のある建築や駅前でアクセスがいい校舎が多く、最初から“用地転換”を意識していたのでは、なんて噂もありました」(教育業界関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  2. 2

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  3. 3

    野田聖子氏周辺に疑惑 仮想通貨「GACKTコイン」接点は?

  4. 4

    乃木坂46白石麻衣 不可解なドタキャン騒動に大ブーイング

  5. 5

    なぜ? 「大阪万博」スポンサーに米国カジノ企業が次々と

  6. 6

    安倍首相を守り栄転 太田理財局長は“論功行賞”で主計局長

  7. 7

    広島追撃にキーマン不在…巨人・坂本は長期離脱の可能性も

  8. 8

    高校の同級生の三浦友和 清志郎にRC再結成を持ちかける

  9. 9

    安倍首相を悩ませる 金正恩の「拉致問題」への対応一変

  10. 10

    ZOZO騒がれた日の皮肉 老舗球団は新興勢力に5年で抜かれる

もっと見る