究極の節税・蓄財法…プライベート会社を作って妻を社長に

公開日:  更新日:

 3人に2人が生活に不安を感じている。その理由はさまざまだが、自分や家族の健康を除くと、「老後の生活」「今後の収入や資産」などカネの悩みが深い。アベノミクスの成果をアピールする内閣府の最新の調査ですら、この結果だ。でも、苦しい生活を一変させる“秘策”がある。プライベートカンパニー(PC)を作って、妻を社長にするのだ。

「いますぐ妻を社長にしなさい」(サンマーク出版)の著者、坂下仁氏が言う。

「現役の銀行員として恥ずかしいのですが、8年前のライブドア・ショックをキッカケに株式投資に失敗。莫大な借金を重ねてしまいました。親の年金を借金の返済に充てるというひどい状況で、一時は破産寸前でした。どん底の私を救ったのが、妻をPCの社長にして世帯収入を増やす蓄財方法。5年で借金を完済し、億単位の資産を築くことに成功したのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  3. 3

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  4. 4

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  5. 5

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  6. 6

    たけし軍団で活躍 宮崎に移住した大森うたえもんさんは今

  7. 7

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  8. 8

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  9. 9

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  10. 10

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

もっと見る