今度は副社長…幹部相次ぎ退社のゴーン日産に一体何が…?

公開日:  更新日:

 日産のアンディ・パーマー副社長(51)が退任することでちょっとした騒ぎになっている。パーマー氏は95年に英ローバーグループから日産の欧州現地会社に転職。カルロス・ゴーン社長に抜擢されて、現在の地位に上り詰めた。日産を辞めて英国の高級車メーカー、アストンマーチンの最高経営責任者(CEO)に転身するという。

 日産では7月にも高級ブランド「インフィニティ」部門のトップだったヨハン・ダ・ネイシン氏が、米ゼネラル・モーターズ(GM)の高級ブランド「キャデラック」部門のトップに転じたばかり。わずか2カ月で最高幹部クラスの人材が2人もライバル企業に移ったわけだ。

 これに加えて昨年はルノー・日産連合の広報責任者だったサイモン・スプロール氏が米テスラ・モーターズに移籍。今年4月にはルノーのナンバー2だったカルロス・タバレス氏がプジョーシトロエングループのCEOに転じている。幹部が次々とゴーン氏のもとから去るという異常事態である。何が原因なのか。「ゴーン氏が退任しないからです」と分析するのは経済ジャーナリストの井上学氏だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権に財界ソッポ 目玉の「原発輸出」日立凍結で全滅

  2. 2

    「今日俺」人気を陰で支えた“カメレオン俳優”太賀の底力

  3. 3

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  4. 4

    嫌われクロちゃんが一転…キャバ嬢に大人気の意外な理由

  5. 5

    嶋大輔が復活!「今日俺」でのリバイバルに本人びっくり

  6. 6

    和田アキ子の大晦日が“空白” NHK紅白サプライズ出演あるか

  7. 7

    北島三郎復帰に“禁じ手” 平成最後のNHK紅白は無法地帯に

  8. 8

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  9. 9

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  10. 10

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

もっと見る