円安で東証続伸も…決勝完敗で「錦織銘柄」失望売り相次ぐ

公開日:  更新日:

「早く売れ」――9日早朝から、全米オープンの結果をテレビで見ていたデイトレーダーたちは、錦織圭(24)が決勝で敗れたことで、「錦織銘柄」を一斉に売り浴びせた。5年11カ月ぶりに一時1ドル=106円台となる円安の流れを受け、平均株価は続伸したが、“錦織バブル”ははかなく散った。

 中でも大きく値を下げたのが、テニス用品を手掛けるヨネックス。8日にストップ高で年初来高値の1080円をつけたのも一転、16%以上値を下げる暴落ぶり。910円前後での攻防が続き、終値は906円だった。

 全米オープンの独占放送権を持つWOWOWもサッパリで、一時は前日比350円(約7.4%)も値を下げ、4490円で取引を終えた。所属する日清食品の親会社日清食品HDも、寄り付きから右肩下がりで、下げ幅は一時2%近い110円に、終値は90円安の5630円だった。ウエアを供給するファーストリテイリングは、前日の終値で寄り付いたものの、一時は225円安。午後には一時プラスに転じたが、終値は60円安の3万3900円だった。

“錦織バブル”の反動をしのいだのは、CM出演するジャックス。値を下げてスタートしたが反転し、終値は10円高の651円。「ウィダー」を展開する森永製菓は前日と変わらずで、224円で取引を終えた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    誤球の松山に「お粗末の極み」と厳し声 手抜きの指摘も

  3. 3

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

  4. 4

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  5. 5

    北方領土2島先行返還を阻む日米安保「基地権密約」の壁

  6. 6

    玉城知事の訴え効果あり 辺野古阻止は軟弱地盤が足がかり

  7. 7

    M&Aはコミットせず…赤字転落「RIZAP」子会社切り売り必至

  8. 8

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  9. 9

    移民利権で私服を肥やす 天下り法人「JITCO」の“商売方法”

  10. 10

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

もっと見る