9月は昨年比2倍超 歯止めきかない「円安倒産」激増の悪夢

公開日:  更新日:

 昨年9月、原材料高による倒産は11件に過ぎなかった。ところが今年9月は倍以上の28件に達した(東京商工リサーチ調べ)。

「ドル円相場は、わずか1カ月半で8円近くも円安に振れたのです。中小零細は対応できないでしょう。倒産急増は予想された事態です」(市場関係者)

 先週は一時1ドル=110円台を付けた。日本商工会議所が実施した「望ましい為替水準」調査では「105円未満」が81%。それ以上の円安は、企業経営に悪影響を与えるということだ。

 静岡県の電子部品製造業は、「取引先の生産拠点はすでに海外に移転しているため、円安になっても受注は増えず、むしろ輸入部品の価格上昇が利益の圧迫を招きかねない」とし、福井県の建設業は、「円安進行に伴うさらなる資材価格高騰を懸念」と回答している。


 現状の1ドル=110円近い水準が持続したら、中小零細の倒産はますます増加しかねない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  8. 8

    樹木希林さんも別居婚 民法上の気になること弁護士に聞く

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    妊娠を“計画”発表…前田敦子「デキ婚」かたくな否定のウラ

もっと見る