相場乱高下 市場が囁く「日経平均150ドル」は“売り”サイン

公開日: 更新日:

 株式市場で乱高下が続いている。6日は前日比182円高の1万5890円で引け、7日は反落。前日比107円安の1万5783円で取り引きを終えた。10月2日は420円以上の大幅下落だった。ジェットコースター相場の出現だが、市場関係者は、「10月は魔の月といわれるぐらい波乱が多い。暴落に注意すべき」と警鐘を鳴らす。

 個人投資家は暴落前に保有株を処分したい。タイミングは極めて難しいが、いま市場で妙なウワサが飛び交っていて、これが参考になる。「ドル建て日経平均に注意」というのだ。

「実はドルベースで日経平均を見ると、円安の影響で株価はそれほど動いていないのです。9月下旬は148ドル前後でした。きのう終値も145.23ドルです。そんなことから『日経平均は150ドルが壁』という見方が台頭しているのです」(証券アナリスト)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人・小林「銀さんに全部負け」直撃取材に“弱気発言”連発

  2. 2

    テレ朝が“忖度”人事か…安倍政権追及の経済部長を更迭

  3. 3

    宮迫ら闇営業11人処分! 吉本興業「遅すぎた決断」の代償

  4. 4

    ジャニー喜多川氏の救急搬送で中居正広と木村拓哉の今後は

  5. 5

    ジャーナリスト宮下洋一氏 日本での安楽死法制化には反対

  6. 6

    海外ドラマのメインキャストに 山下智久の気になる英語力

  7. 7

    宮迫「アメトーク!」優良スポンサーCM消滅危機で崖っぷち

  8. 8

    “闇営業問題”泥沼化 スポンサー撤退にNHK調査開始の大混乱

  9. 9

    日ハム輝星“直球8割でも抑えられる”を科学データで謎解き

  10. 10

    原監督は激怒 プロ最短KOを喫した巨人・菅野の孤独な闘い

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る