日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

相場乱高下 市場が囁く「日経平均150ドル」は“売り”サイン

 株式市場で乱高下が続いている。6日は前日比182円高の1万5890円で引け、7日は反落。前日比107円安の1万5783円で取り引きを終えた。10月2日は420円以上の大幅下落だった。ジェットコースター相場の出現だが、市場関係者は、「10月は魔の月といわれるぐらい波乱が多い。暴落に注意すべき」と警鐘を鳴らす。

 個人投資家は暴落前に保有株を処分したい。タイミングは極めて難しいが、いま市場で妙なウワサが飛び交っていて、これが参考になる。「ドル建て日経平均に注意」というのだ。

「実はドルベースで日経平均を見ると、円安の影響で株価はそれほど動いていないのです。9月下旬は148ドル前後でした。きのう終値も145.23ドルです。そんなことから『日経平均は150ドルが壁』という見方が台頭しているのです」(証券アナリスト)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のニュース記事