市場6兆円規模へ まだまだ期待できる「LED関連10銘柄」

公開日: 更新日:

 ノーベル賞受賞で8日の株式市場はLED関連銘柄がストップ高になるなど“フィーバー”した。
 ところが、9日は一変。8日にストップ高をつけたシーシーエスは前日比51円安、同じくストップ高だったトリケミカル研究所も62円安だった。その他の関連銘柄も大半が値を下げ、先行きに暗雲が漂い始めている。LED銘柄はもうダメなのか。

「今回の受賞をきっかけに、さらに性能の高いLEDが開発され、さまざまな分野に活用される可能性があります。昨年の国内の市場規模は約3600億円と、前年比30%の増加です。省エネ志向の高まりを背景に、市場規模は今後も拡大していくでしょう。手元資金に余裕があるのなら、焦って売るべきではないとみています」(株式ジャーナリストの倉多慎之助氏)

■昨年の市場規模は約1兆3000億円

 世界全体で見ると、LEDの昨年の市場規模は約1兆3000億円だった。今後、アジアを中心とした新興国での需要が高まっていけば、多くの業者が参入し生産性も向上する。その結果LED自体の価格が下がれば、さらなる市場の拡大も見込め、数年後には5兆~6兆円規模になるといわれている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東京五輪陸上「日本は世界の笑いモノに」元陸連幹部が警鐘

  2. 2

    ジャニー氏死去で数々の噂 KinKi“解散秒読み”報道は本当か

  3. 3

    「主戦場」デザキ監督 右派の一貫性のなさを見せたかった

  4. 4

    ボルボが撤退決断 本気の脱ディーゼルにかかるお値段とは

  5. 5

    リオでは45万個配布 東京五輪も“コンドーム戦争”が勃発か

  6. 6

    ジャニー氏救急搬送で“長男”の役目を放棄したマッチの今後

  7. 7

    メッキはがれ始めたコウキ ママ静香プロデュースが空回り

  8. 8

    伊調敗北は“忖度判定”か…代表決定戦で新たな火種が表面化

  9. 9

    父と慕ったジャニー氏死去 TOKIOリーダー城島茂はどうなる

  10. 10

    NHK朝ドラ「なつぞら」には華麗な実在モデルがいる!

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る