悪材料を逆手に! “エボラ熱銘柄”で乗り切る「魔の10月」

公開日: 更新日:

 エボラ出血熱の猛威が世界を震撼させている。12日には米国内で初の感染者が確認され、世界全体の死亡者数は4000人を突破。米疾病対策センター(CDC)のフリーデン所長は「エボラ熱は次のエイズ」と警鐘を鳴らし、感染封じ込めの困難さを訴えた。

 株式市場には間違いなく悪材料だ。先週末の10日は、国際通貨基金(IMF)が世界経済見通しを下方修正したことも重なり、日経平均は大幅下落。前日比178円安の1万5300円まで売り込まれた。

 兜町は、「悪材料が噴出する『魔の10月』が現実になりつつある」(市場関係者)という警戒感でいっぱいだが、一方でエボラが追い風となる銘柄もある。

 日経平均が大きく値を下げた10日も関連株にストップ高が続出した。病原体など危険物の閉じ込めに使用する容器を扱う「日本エアーテック」や、空港にサーモグラフィーを納入する「日本アビオニクス」、防護服の「アゼアス」などだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    厚生年金70歳以上義務化で日本は“ブラック国家”まっしぐら

  2. 2

    広瀬すずにもNHKピリピリ…朝ドラ主演の過酷さと監督事情

  3. 3

    「昭和の人間ですが」中森明菜が平成最後に綴る手紙の悲痛

  4. 4

    化粧しっかり…松嶋菜々子「なつぞら」の"雪肌"に違和感

  5. 5

    いい人アピール安倍首相“大聖堂お見舞い”プランのハタ迷惑

  6. 6

    「なつぞら」広瀬すず友達役…富田望生は“視聴率の女神”か

  7. 7

    あんだけ体重があるのに大阪桐蔭の西谷監督はフットワークが軽い

  8. 8

    パ球団トレード打診も…阪神は藤浪を“飼い殺し”にするのか

  9. 9

    杉並区議選応援で大混乱 杉田水脈議員に差別発言の“呪い”

  10. 10

    「なつぞら」高畑淳子 "テンション高め"の演技に懸念浮上

もっと見る