日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

悪材料を逆手に! “エボラ熱銘柄”で乗り切る「魔の10月」

 エボラ出血熱の猛威が世界を震撼させている。12日には米国内で初の感染者が確認され、世界全体の死亡者数は4000人を突破。米疾病対策センター(CDC)のフリーデン所長は「エボラ熱は次のエイズ」と警鐘を鳴らし、感染封じ込めの困難さを訴えた。

 株式市場には間違いなく悪材料だ。先週末の10日は、国際通貨基金(IMF)が世界経済見通しを下方修正したことも重なり、日経平均は大幅下落。前日比178円安の1万5300円まで売り込まれた。

 兜町は、「悪材料が噴出する『魔の10月』が現実になりつつある」(市場関係者)という警戒感でいっぱいだが、一方でエボラが追い風となる銘柄もある。

 日経平均が大きく値を下げた10日も関連株にストップ高が続出した。病原体など危険物の閉じ込めに使用する容器を扱う「日本エアーテック」や、空港にサーモグラフィーを納入する「日本アビオニクス」、防護服の「アゼアス」などだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のニュース記事