5000万円店長も ユニクロ「年収早見表」本当の頂上は?

公開日: 更新日:

 ユニクロが採用HPで等級別の年収を公開し、「本当にこんなに高給なのか」と話題になっている。

 公開された年収早見表は、全部で19グレード(E―2は該当者なし)。それぞれの最高年収や最年少の年齢などが記されており、40代執行役員で最高3億2000万円(表参照)。現場の店長でも、30代で年収5000万円以上も可能だ。
「国内社員4182人(8月末時点)の給与が対象です。新卒社員はJ―1からスタートし、早い人で最短1年でSクラスに昇格します」(同社・広報担当者)

 大学を卒業したての平社員(J―1)は、平均年収が約394万円からスタート。最速28歳で「スター店長」(S―2)に昇格すれば、最高で1235万円(S―5)になる。実際にいるそうだ。

 だが、ユニクロの“優勝劣敗主義”はここからが本番。国内829店舗のうち、銀座店や新宿のビックロの店長など、20人ほどしかいない「スーパースター(SS)店長」(E―3)に昇格すると、平均年収で3709万円、最高は5000万円オーバーなのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  2. 2

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  3. 3

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  4. 4

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  5. 5

    統一地方選で2ケタ議席「N国党」と「幸福党」大躍進のナゼ

  6. 6

    木浪と近本は数試合で…矢野阪神「4番・大山」の賞味期限

  7. 7

    あるのか阪神? 貧打と補強下手の“4度目赤っ恥”緊急補強

  8. 8

    衆院2補選惨敗で自民真っ青…夏の“衆参W選”へ一気に現実味

  9. 9

    大谷はFA権取得前に放出か トラウト472億円契約延長の波紋

  10. 10

    大船渡・佐々木に阪神熱視線で…“藤浪の二の舞”懸念する声

もっと見る