ポスト安倍の動き封じ込め…官邸が流す「11・19解散説」

公開日: 更新日:

「安倍首相が力を失いはじめたことで、党内からは“大臣を選んだ首相にも責任がある”という批判の声が公然と上がりはじめている。放置しておくと、大きくなる恐れがある。そこで安倍官邸が流しているのが、年内解散です。本来“伝家の宝刀”である解散権は、野党を脅すために使うものですが、党内に向けて使っている。もし、ガタガタするようなら、解散するぞ、という脅しです。怖いのは、解散風は一度吹くと止まらないということです。安倍首相本人も、ただの脅しだけでなく、場合によっては、本当にバクチ解散してもいいと考えている節がある。解散して過半数を確保できれば、“政治とカネ”の問題も吹き飛ぶ。来年9月の総裁再選も確実になる。11月19日解散-12月14日投票、という具体的な日程も流れています」(官邸事情通)

 どんな思惑にしろ、安倍政権に審判を下せるなら、国民は大歓迎だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    うがい薬で株価操縦か 吉村府知事にインサイダー疑惑浮上

  3. 3

    上沼恵美子「降板の全真相」現場は“辞めたる”を待っていた

  4. 4

    山下智久 現役JKお持ち帰り報道で忍び寄る“最悪シナリオ”

  5. 5

    坂上忍では微妙…関西人が納得する上沼恵美子“後釜”の名前

  6. 6

    分科会に浮上「Go To トラベル」前倒し実施に重大瑕疵疑惑

  7. 7

    “東京進出組”2人のMC 石井亮次にあって宮根誠司にないもの

  8. 8

    抗議殺到!イソジン吉村と大阪モデルの化けの皮が剥がれる

  9. 9

    定規で測ったように一角だけ絹目が見えないラミネート跡

  10. 10

    阪神藤浪を殺す梅野の怯懦 巨人相手に5回まで1失点も3連敗

もっと見る